So-net無料ブログ作成

■リンゴ病流行、01年以降最多 予防には手洗いとマスクが重要 [健康ダイジェスト]

 ほおに赤い発疹ができるリンゴ病(伝染性紅斑)の患者が2001年以降で最多となったことが、国立感染症研究所(感染研)の定点調査でわかりました。根本的な予防策はありませんが、手洗いやマスクが重要といいます。
 感染研によると、最新の1週間(6月20~26日)で、1医療機関当たりの患者数は1・47(前週比0・51増)に達しました。都道府県別では、宮崎県の3・92が最多で、群馬県3・16、栃木県3・13、埼玉県3・03、福島県2・71が続きました。
 リンゴ病はヒトパルボウイルスB19型というウイルス感染によって、幼児から学童に多く発症します。季節的には、春から初夏にかけて流行することが多いようです。感染力はそれほど強くなく、のどの分泌物の飛沫によって、気道から主に感染します。
 10~14日の潜伏期間を経て、両側のほおの赤い発疹から始まるのが普通。1~2日後には肩から腕、太ももに赤い発疹が出現し、数日後にはまだらなレース編み模様になります。かゆみを伴うことが多く、平均11日間で消えていきますが、いったん消失した発疹が日光や運動などによって再び現れてくることもあります。
 医師による特別な治療を受けなくても、自然に治ります。ほおが赤くなった時は、すでに感染する時期をすぎているので、保育所や学校に行ってもかまいません。
 しかし、あまりにも真っ赤なほおの時、かゆみが強くなった時、高い熱が出た時、元気がなくなってきた時は、2~3日休ませ、医師の診察を受けたほうが無難でしょう。かゆみが強い時は、抗ヒスタミン薬が処方されます。年長児~成人で腰やひざに発生することがある関節痛に対しては、鎮痛剤が使われることがあります。

 2011年7月10日(日) 





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0