So-net無料ブログ作成

■用語 レーベル先天性黒内障 [用語(ら行)]





[眼鏡]生後早期から強い視覚障害がある先天性の疾患
 レーベル先天性黒内障とは、生後早期から強い視覚障害がある先天性の疾患。レーバー先天性黒内障とも呼ばれます。
 1869年にレーベルが初めて報告しました。黒内障とは、見た目には眼球に異常がないのに、目が見えないことを表した古い言葉です。レーベル先天性黒内障の大部分は、遺伝子の異常によって起こる常染色体劣性遺伝の疾患であると考えられており、現在までに複数の原因遺伝子が見付かっています。
 常染色体劣性遺伝の仕方は、両親に同じ疾患が認められず、兄弟姉妹に同じ疾患の人がいる場合に疑われます。両親が血族結婚であったり、同じ地域の出身同士、親戚同士であったりすると、可能性が高くなります。父親由来の遺伝子と母親由来の遺伝子がありますが、常染色体劣性遺伝の仕方をとる場合は片方の変化だけでは発症せず、レーベル先天性黒内障を起こす遺伝子の同じ変化を両親からそれぞれ受け取ると発症します。
 レーベル先天性黒内障は、8万人から10万人に1人くらいの頻度で発症するといわれています。遺伝子の異常による代謝障害のために、網膜などが委縮、変性するのが原因です。
 時に白内障や円錐(えんすい)角膜の疾患を合併していることもありますが、見た目には眼球の異常が明らかでないことがほとんどです。しかし、色調の暗い眼底、網膜色素が沈着している眼底、黄斑(おうはん)変性を伴う眼底が認められることもあります。
 生後2〜3カ月以内より重い視覚障害を示し、普通は両眼性です。視力は0・1未満で、時に遠視や近視、乱視の強い屈折障害を示して、視線が合わず、黒目が振り子のように動き続ける振子様眼振(がんしん)がみられ、光を受けた時に瞳孔(どうこう)が小さくなる対光反射が弱いか、消失しているために、光をまぶしがります。失明を起こすこともあります。
 また、目を指で強く押したり、こすったり、たたいたり、枕(まくら)や机に押し付けたりする行為を好む場合もあります。眼球周囲の脂肪組織が少ないために、眼球が落ちくぼんで見えることもあります。
 そのほか、精神発達遅滞、てんかん、難聴、腎臟(じんぞう)病、肝臓の機能障害など、複数の合併症を抱えていることもあれば、体の合併症が全くないこともあります。
[眼鏡]レーベル先天性黒内障の検査と診断と治療
 小児眼科、あるいは眼科の医師による診断では、問診と眼底検査を行いますが、眼底にも目立った異常が見られないことがあります。
 確実な診断をするためには、眼底の網膜の生体電気を調べる網膜電図という検査を行います。ただし、この検査を小さい子供に行っている医療機関は限られていますので、まずは近くの眼科医に相談して下さい。
 小児眼科、あるいは眼科の医師による治療では、明らかな有効性が確認された治療法は見付かっていないので、遠視などの屈折障害を矯正する眼鏡や遮光眼鏡をかけて、少しでも視力を伸ばすようにします。
 また、目を指で強く押したり、こすったり、たたいたり、枕や机に押し付けたりする行為は、白内障や網膜剥離(はくり)の原因になり、将来の治療の可能性を奪ってしまうことになるので、ゴーグルなどで防ぐようにします。
 遺伝子変異が見付かった患者に対し、2007年に英国と米国で、片目に光を感受する色素を作るための酵素をつかさどる遺伝子を入れる遺伝子治療が実施され、治療前に比べ治療後に視機能が改善していることが 2008年に報告されました。
 米国のペンシルベニア大学医学部が実施した遺伝子治療は、8歳から44歳までのレーベル先天性黒内障で失明しつつある患者12人に対して、遺伝子操作で無毒化した風邪ウイルスに矯正遺伝子を入れ、視力の弱いほうの眼球に注入するというもの。眼球に注入された改変ウイルスは視力障害の原因となっている細胞に感染し、いわばコンピューターウイルスの「トロイの木馬」に似た働きで、正常な遺伝子を網膜に伝達しました。 
 その結果、完ぺきに正常な視力を回復できた患者はいませんでしたが、光が目に入った時の瞳孔の収縮度を示す対光反射に関しては、全員が100倍以上増加しました。
 また、半数の6人は、法的には視覚障害者に分類されないレベルまで、視力が回復したといいます。最も著しい回復がみられたのは、8歳、9歳、10歳、11歳の子供の患者で、薄明かりの通路を4人とも介添えなしに歩行することができたといいます。




タグ:円錐角膜 眼精疲労 視神経炎 結膜炎 緑内障 用語 ドライアイ 近視 乱視 遠視 疲れ目 白内障 弱視 ぶどう膜炎 逆さまつげ 角膜炎 斜視 眼瞼下垂 角膜潰瘍 角膜ヘルペス 仮性近視 アレルギー性結膜炎 網膜剥離 結膜下出血 角膜びらん 視力障害 健康創造塾 封入体結膜炎 飛蚊症 涙道狭窄、閉鎖 ビタミンB2欠乏症 ビタミン欠乏症 流行性角結膜炎 夜盲症 はやり目 ものもらい(麦粒腫) 網膜色素変性症 トラコーマ(トラホーム) 糖尿病性網膜症 睫毛乱生症 霰粒腫 視神経症 急性出血性結膜炎 眼底出血 アポロ病 用語(ら行) 加齢黄斑変性 クラミジア結膜炎 光視症 色盲、色弱(色覚異常) 老眼(老視) ただれ目(眼瞼縁炎) 眼瞼縁炎(ただれ目) 眼瞼外反症 眼瞼内反症 慢性結膜炎 急性結膜炎 巨大乳頭結膜炎 春季カタル 翼状片 網膜硝子体出血(眼底出血) フリクテン性角膜炎 雪目(雪眼炎) 突き目(匐行性角膜潰瘍) 強膜炎、上強膜炎 虹彩炎(虹彩毛様体炎) 硝子体混濁 網膜静脈閉塞症 うっ血乳頭 視神経委縮 先天性緑内障(牛眼) 蜂巣炎(眼窩蜂窩織炎) 雪眼炎(雪目) 緑内障発作(急性閉塞隅角緑内障) 慢性閉塞隅角緑内障 開放隅角緑内障 正常眼圧緑内障 続発性緑内障 レーベル病 虚血性視神経症 水晶体嚢性緑内障 原田病 特発性視神経炎 急性閉塞隅角緑内障(緑内障発作) 外傷性視神経症 圧迫性視神経症 腫瘍性視神経症 網膜芽細胞腫 角膜ジストロフィー シェーグレン症候群 結膜弛緩症 麦粒腫(ものもらい) スティーブンス・ジョンソン症候群 単性緑内障 偽近視 黄斑変性症 やぶにらみ 閉塞隅角緑内障 スタルガルト病 黄斑ジストロフィー 先天網膜分離症 小口病 先天性黄斑変性症 高血圧性網膜症 網膜動脈硬化症 腎性網膜症 中心性網膜症 X染色体若年網膜分離症 一過性黒内障 家族性角膜変性 黄色斑眼底 斑状網膜症候群 先天性停止性夜盲 先天性進行性夜盲 杆体錐体ジストロフィー 若年網膜分離症 近目 調節緊張性近視 光誘発角膜炎 黄斑前膜 オカルト黄斑ジストロフィー 優性遺伝性ドルーゼン 優性遺伝性若年性視神経委縮症 遺伝性視神経症 家族性ドルーゼン 眼部帯状疱疹 レーベル先天性黒内障 コーツ病 滲出性網膜炎 結膜結石 ヘルペス性角膜炎 細菌性角膜炎 水疱性角膜症 交感性眼炎 急性網膜壊死 桐沢型ぶどう膜炎 顆粒性結膜炎 フリクテン性結膜炎 網膜前膜
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0