So-net無料ブログ作成

■用語 類乾癬 [用語(る)]





[ハートたち(複数ハート)]皮膚に赤く、ガサガサする円形の発疹ができる慢性の皮膚疾患
 類乾癬(るいかんせん)とは、皮膚に赤く、ガサガサする円形の発疹(はっしん)ができる非感染性の慢性炎症性皮膚疾患。
 一見、乾癬に似ていることから類乾癬といわれますが、かゆみは乾癬より少ないのが一般的です。乾癬との大きな違いは、発疹部に集まっている白血球のタイプの違いで、発疹を表面から見ただけではなかなか区別はつきません。
 類乾癬は中高年に多くみられますが、原因は乾癬と同じくいまだ不明で、疾患の分類も明確な解釈が定まっておらず、はっきりしない部分の多い疾患です。  
 類乾癬は、発疹の大きさから滴状類乾癬と局面状類乾癬の2つに分類されます。
 滴状類乾癬は、1センチほどの水滴状の赤い発疹が腹部や背中、尻(しり)などの体幹にできるもので、赤い発疹がはれて、次第に垢(あか)のようになっていきます。
 新しい発疹と古い発疹が混在してみられ、古い発疹は色素沈着や、皮膚の一部の色が白く抜け落ちる白斑(はくはん)を残すことがあります。通常は、痛みやかゆみの少ない、良性の疾患です。  
 局面状類乾癬は、滴状類乾癬より大きく、5センチ前後の赤い発疹が腹部や背中、尻などの体幹にできます。進行すると、菌状息肉症(皮膚悪性T細胞リンパ腫〔しゅ〕)に移行する場合もまれにあります。
 菌状息肉症は、リンパ球のT細胞が悪性化し、皮膚に現れてくるものです。悪性度は低いのですが、発疹が出る状態が長く続き、中には10~20年経過して硬く盛り上がって腫瘍(しゅよう)になったり、リンパ節や内臓に転移することもあります。
 悪性化の可能性もあるので、類乾癬の症状に気付いたら、早めに皮膚科、皮膚泌尿器科を受診しておくと安心です。
[ハートたち(複数ハート)]類乾癬の検査と診断と治療
 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による診断では、乾癬の場合と同じように、特徴的な発疹とその分布、経過から判断します。局面状類乾癬では、悪性かどうかを判断するために、発疹の一部を切って顕微鏡で調べる組織検査を行います。
 乾癬やジベルばら色粃糠疹(ひこうしん)との区別が、必要です。
 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による治療では、原因が不明で、根本的に治す方法が今のところはっきりしていないため、経過をみながらの対症療法を行います。
 対症療法としては、主に炎症を抑制するステロイド(副腎〔ふくじん〕皮質ホルモン)の外用薬を用います。そのほか、皮膚の細胞が増殖するのを阻害する活性型ビタミンD3外用薬も、ステロイド外用薬ほどの速効性はありませんが、副作用が軽微なので併せて使用します。
 内服薬としては、ビタミンA類似物質であるエトレチナート(チガソン)や、免疫抑制薬であるシクロスポリン(ネオーラル)が用いられ、一定の効果が得られています。
 外用薬で大きな改善がみられない場合は、PUVA(プーバ)療法という光線療法を用い、紫外線の増感剤であるメトキサレン(オクソラレン)を発疹部に塗り、長波長紫外線UVAを当てることもあります。PUVA療法に代わる光線療法として、特定の紫外線波長を利用したナローバンドUVB療法を用いることもあります。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0