So-net無料ブログ作成

■所得が低い人ほど、野菜や肉を食べず 厚労省が国民の健康状態を調査 [健康ダイジェスト]





 所得が低い人ほど、米やパンなど穀類の摂取量が増える一方で、野菜や肉の摂取量が少なく、栄養バランスのよい食事が取れていないことが、厚生労働省の国民健康・栄養調査でわかりました。
 厚労省は、国民の健康状態などについて毎年調査を行っており、昨年は、回答を得られた3600世帯余りについて結果を分析しました。
 それによりますと、米やパンなど穀類の1日の摂取量は、所得が200万円未満の世帯では、男性は535グラム、女性は372グラムと、所得が600万円以上の世帯より20グラムから40グラム多くなっていました。
 一方、野菜の摂取量は、所得が200万円未満の世帯では、男性は253グラム、女性は271グラムと、所得が600万円以上の世帯より40グラムから70グラム少なくなっていました。
 所得の低い人は、肉の摂取量も少なく、所得が低い人ほど栄養バランスのよい食事が取れていないことがわかりました。
 また、健康診断を受けていない人の割合は、所得が600万円以上の男性では16・1パーセントだったのに対し、所得が200万円未満の男性は42・9パーセントと、所得が低くなるほど高くなっていました。
 厚労省は、「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい」と話しています。

 2015年12月14日(月)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0