So-net無料ブログ作成

■過体重、中年の脳の老化を加速 ケンブリッジ大学が発表 [健康ダイジェスト]





 過体重や肥満の中年の人々の脳では、老化が加速している兆候が示されているとの研究結果が4日、海外で発表されました。
 医学的に過体重とされる人の脳では、大脳白質という脳の異なる部位間の情報伝達を可能にする結合組織の各測定値が、やせた人に比べて著しく低いことを研究チームは発見しました。
 アメリカの専門誌「加齢神経生物学」に掲載された論文によれば、研究結果から判断すると、40歳の過体重の人の脳は、老化が10年進んでいると考えられるといいます。また、この10年の格差は、過体重や肥満の人々が年を取り、長い時間を経ても残り続けます。
 論文の筆頭執筆者で、イギリスのケンブリッジ大学精神医学部の科学者のリサ・ローナン氏は、「脳の大きさは、老化が進むにつれて自然に小さくなる」と説明。その上で、標準体重の人々に比べて「過体重や肥満の人々は、大脳白質の減少量が大きい」と説明しました。
 だが、現段階では、過体重が原因でこのような脳の変化が起きているのか、それとも大脳白質量の低下が体重増加を引き起こしているのかについては、「科学的にはまだ推測の域を出ていない」と指摘しています。
 論文の共同執筆者で同じくケンブリッジ大学のポール・フレッチャー氏は声明で、「これら2つの因子の相互作用については、健康に重大な結果がもたらされる可能性があるため、その仕組みを解明することは重要となる」と述べています。
 ローナン氏と研究チームは、20歳から87歳までのボランティア500人近くから収集したデータを調べました。その結果、過体重のグループでは、年齢が中年を超えないと大脳白質密度の格差が現れなかったことから、脳の脆弱(ぜいじゃく)性が中年期以降に高まることが示唆されました。
 研究チームによれば、過体重の人とやせた人との認知能力やIQ(知能指数)の測定可能な差については、大脳白質の縮小との対応関係は存在しなかったといいます。
 論文の別の共同執筆者で同じくケンブリッジ大学のサダフ・ファローキ氏は、「脳構造におけるこれら変化の影響に関しては、現時点ではまだ不明」と話し、「明らかなのは、今回の研究を出発点として、体重、食事、運動などが脳や記憶に及ぼす影響をさらに詳細に調査する必要があることだ」と付け加えました。

 2016年8月7日(日)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0