So-net無料ブログ作成

■日本人の肝臓がん、ゲノム解読で6分類 再発率、死亡率に差 [健康ダイジェスト]




  
 日本人の肝臓がんは、遺伝子の異常の起き方によって6つに分類でき、患者が5年後に再発したり、死亡したりする割合も15パーセントから100パーセントと大きく異なることが、国立がん研究センターなどの研究でわかりました。
 この研究を行ったのは、国立がん研究センターや理化学研究所などのチームです。
 研究チームは、肝臓がんの手術を受けた日本人の患者300人を対象に、手術で切除したがん細胞と患者の正常な細胞との間で全遺伝情報(ゲノム)にどのような違いがあるか詳しく調べました。
 その結果、がん細胞と正常な細胞とでは平均1万カ所に違いがあり、さらに詳しく調べたところ、どの遺伝子に違いが起きているかによって日本人の肝臓がんは、6つの種類に分類できることがわかったということです。
 さらに患者が、5年後、再発したり、死亡したりする割合も6つの種類で大きく異なっており、ARID2と呼ばれる遺伝子などに違いがある場合は100パーセント、MACROD2という遺伝子に違いがある場合は、15パーセントなどとなっていました。
 研究を行った国立がん研究センターの柴田龍弘分野長は、「再発などのリスクが高い患者は、手術後に綿密な検査を行うなどの対応が必要だ。また、どの遺伝子に変化が起きると再発などが起きやすくなるのかもわかったので、それを標的にした新しい治療法の開発につながる可能性がある」と話しています。
 研究チームによると、現在国内で年間約4万人が肝臓がんと診断され、約3万人が死亡しています。部位別がん死亡数では、男性は3位、女性は6位。 肝炎ウイルスの感染が主原因で、B型やC型の肝炎ウイルスの感染から慢性肝炎に、さらに肝硬変を経て、高い確率で肝臓がんを発症します。アルコール性肝障害や脂肪性肝障害から肝臓がんになるケースも増える傾向にあります。

 2016年9月3日(土)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0