So-net無料ブログ作成

■長期的なストレス、男性のがんリスクを2割高める がん研究センターが調査 [健康ダイジェスト]





 ストレスが高いと長期にわたって感じている男性は、感じていない男性に比べてがんになるリスクが2割高くなるとの調査結果を20日、国立がん研究センターなどの研究チームが発表しました。
 研究チームは、全国10カ所の保健所管内の40~69歳の男女7万9301人を対象に調査を実施。1990年または1993年に、「日常受けるストレスは多いか」という質問に、「少ない」「普通」「多い」の三択で回答してもらい、5年後にも同じ質問をしました。
 対象者のうち平均17・8年後の2012年までに、がんが確認されたのは1万2486人(男性7607人、女性4879人)でした。回答とがんとの関連を分析すると、2回ともストレスが多いと回答した男性グループは、2回ともストレスが少ないとした男性グループに比べ、がんになるリスクが19%高くなっていました。
 2回ともストレスが多いと回答した女性グループでは、がんになるリスクが7%高くなっていただけで、ストレスによるリスク差はほぼみられませんでした。
 また、1回目はストレスが少ないか普通だったのに2回目に多くなっていた男性グループは、2回ともストレスが少ないとした男性グループに比べ、がんになるリスクが20%高くなっていました。
 ストレスが多い男性グループは、特に肝臓がんと前立腺がんで、ストレスによるリスクの増加が強くみられました。
 研究チームによると、ストレスががんになる危険性を高めるとの研究はあるものの、長期にわたる大規模調査を基にした報告は初めて。ストレスによる免疫機能低下などの可能性が考えられるといいます。
 喫煙や飲酒などがんのリスク要因となる生活習慣の影響も排除しきれないことから、国立がん研究センターは「今後、さらなる検討が必要だ」としています。

 2018年1月22日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。