So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■発症しやすいがん、30歳代は乳がんがトップ がん研究センターが年代別分析 [健康ダイジェスト]





 国立がん研究センター(東京都中央区)は30日、15〜39歳の「AYA(アヤ)世代」と呼ばれる若年層で発症しやすいがんの種類の年代別分析をまとめ、ウェブサイト「がん情報サービス」で公表しました。
 20歳代は卵巣がんや精巣がんが多く、30歳代では乳がんがトップでした。新薬の登場などで治療成績が向上している14歳以下の小児や中高年のがんに比べ、治療体制や支援が不十分とされるAYA世代のがんの罹患(りかん)状況がまとまったのは初めて。
 都道府県が管内の医療機関で診断されたがん患者を登録する地域がん登録データのうち、2009〜2011年に精度が国際基準を満たした27府県(国内人口の36・8%)のデータを基にし、小児がんも2007年以来、約10年ぶりにデータを更新しました。
 AYA世代で新たにがんと診断されたのは、年間約2万1400人。年代別の人口10万人当たりの罹患率は、小児12・3、15〜19歳14・2、20〜29歳31・1、30〜39歳91・1で、全国で1年間にがんと診断されるのは、小児約2100人、15〜19歳約900人、20〜29歳約4200人、30〜39歳約1万6300人と推計されます。
 年代ごとで多いがんの種類をみると、小児と15〜19歳では白血病が最多でしたが、15〜19歳で卵巣がんや精巣がんなどの胚細胞腫瘍・性腺腫瘍の割合が倍増し、20〜29歳では最多となりました。一方、30〜39歳では、女性の乳がんや子宮頸(けい)がんなど中高年にも多いがんが上位になりました。
 国立がん研究センターがん統計・総合解析研究部の片野田耕太部長は、発症しやすいがんの種類が異なることについて、「明確な原因はわからないが、10歳代後半〜20歳代は、第2次性徴の影響が考えられる。30歳代で乳がんが増えるのは、女性ホルモンの影響を受けるためではないか」と話しています。
 国立国際医療研究センター病院の清水千佳子科長は「AYA世代のがんの構成など特徴がわかったことで、支援体制を手厚くすべき診療科が明確になった」と話した上で「恋愛や結婚、仕事など生き方の悩みは医療機関だけでは対応できない。患者支援団体との連携が重要だ」と指摘しています。
 AYA世代のがん患者は、治療時期が進学や就職、結婚、出産など人生の転機と重なって、小児や高齢の患者とは異なる悩みを抱える場合が多いものの、同世代の患者が少なく、精神的に孤立するケースもあります。

 2018年5月31日(木)
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 1

StephenHax

TXT Каталоги сайтов,
которые понравятся для заработка в интернете.
Тематика ресурсов разная. Язык ресурсов разный.
Посмотреть все txt базы, можно по ссылке http://bit.ly/2JdB6f7
by StephenHax (2018-05-31 05:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。