So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■新薬にアルツハイマー型認知症の進行を抑制する効果 エーザイが治験で確認 [健康ダイジェスト]





 製薬企業のエーザイ(東京都文京区)は6日、開発中のアルツハイマー型認知症治療薬について、症状の進行を抑える効果が第2相臨床試験(治験)の大規模試験で確認できたと発表しました。アルツハイマー型認知症の原因物質の一つとされる「アミロイドベータ」というタンパク質が脳内で減ることも示しました。
 新薬はアメリカの製薬企業バイオジェンと共同開発する抗体医薬品「BAN2401(開発名)」。アミロイドベータが脳に沈着する前段階の集合体に結合して除去します。2020年代早期の発売を目指しています。
 第2相治験は2012年~2018年に、日米欧などで856人を対象に実施。投与18カ月間の解析で、症状の評価指標に基づく悪化の抑制と、陽電子放射断層撮影装置(PET)による脳内のアミロイドベータ蓄積量減少を確かめました。
 アミロイドベータは脳に蓄積すると神経細胞が機能障害を起こし、細胞死をもたらすとされます。エーザイはこれまでも認知症の症状悪化を遅らせる薬「アリセプト」を販売してきました。新薬ではアミロイドベータを減らすことで、認知症を根本から治療することを目指しています。
 世界の製薬大手がアミロイドベータを標的とする薬の開発に取り組んでいますが、実用化された例はありません。6月には、アメリカのイーライ・リリーとイギリスのアストラゼネカが共同開発した「ラナベセスタット」が、最終段階の第3相治験で十分な治療効果を証明できないとして中止を発表しました。
 エーザイは現在、アミロイドベータを標的にした薬を3品目開発しています。BAN2401のほか、アミロイドベータの発生段階を狙う「エレンベセスタット」と、沈着する直前や沈着後を狙う「アデュカヌマブ」で、いずれも第3相治験に入っています。

 2018年7月9日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。