So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■グンゼが再生医療に本格参入 膝の軟骨再生促すシートを開発 [健康ダイジェスト]




 
 繊維大手のグンゼ(大阪市北区)は、再生医療事業に本格参入します。膝の軟骨の再生を促す医療用シートを開発し、10月中にもヨーロッパで売り出します。将来的に年間10億円の売り上げを見込み、日本やアメリカ、中国での発売も検討します。
 膝の軟骨は、激しい運動や加齢に伴ってすり減ったり、欠けたりしても自然にはほとんど再生しないため、手術が必要となります。手術で軟骨に微少な穴を開けて、グンゼが開発したシート「CHONDROVEIL(コンドロベール)」を貼り付けると、しみ出した骨髄液に含まれる「間葉系幹細胞」を吸着し、軟骨が再生する足場となるといいます。
 このシートは、人体に無害なプラスチックの一種「ポリグリコール酸」を、細胞が定着しやすいように独自技術で布状に加工したもの。術後約3カ月で分解して人体に吸収されます。患者は約半年で自転車をこぐ運動ができるまでに回復するといいます。
 シートの価格は1枚(縦3センチ、横3センチ)10万円程度で、別部位から採取した軟骨組織を約4週間培養して移植する従来の治療に比べて費用が約10分の1に抑えられ、患者の負担減が期待されるといいます。
 ヨーロッパでは販売に必要な認証取得がすんでおり、日本やアメリカ、中国でも取得を目指すとしています。
 グンゼは本業の繊維事業で培った技術を応用し、1985年から外科手術に使われる縫合糸や骨の接合剤などの医療品を手掛けています。今後、人体に吸収される素材を活用して治療できる分野を広げ、再生医療事業を新たな収益源にしたい考えです。

 2018年10月11日(木)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。