So-net無料ブログ作成

■障害者への虐待、過去最多2618件 施設職員の加害が増加 [健康ダイジェスト]



 厚生労働省は26日、2017年度に全国の自治体などが確認した障害者への虐待は前年度より98件多い2618件だったと発表しました。特に障害者福祉施設職員による虐待が増えており、厚労省は「背景には施設の利用者の増加があり、施設側が自ら通報するケースが増えていることが要因」とみています。
 1件で複数の人が虐待を受ける場合もあり、被害者数は346人増の3544人、死亡者数は4人減の1人でした。虐待件数と被害者数は、調査が始まった2012年度以降最多でした。
 虐待を受けた人の障害の種類別では、重複障害を含め、知的障害1825人、精神障害1101人、身体障害720人。虐待の種類については、暴力などの「身体的虐待」や「経済的虐待」、「心理的虐待」が多いということです。
 家族など養護者による虐待は19件増の1557件、被害者は16人増の1570人で、このうち1人が死亡しました。雇用主や職場の上司らによる虐待は16件増の597件、被害者は336人増の1308人。また、障害者福祉施設の職員らによる虐待は63件増の464件、被害者は6人減の666人でした。
 養護者による虐待は2012年度からほぼ横ばいが続いていますが、雇用主らは4・5倍、施設職員は5・8倍に増えています。
 施設での虐待の発生要因(複数回答)は、職員らの「教育・知識・介護技術などの問題」(59・7%)が最多。このほか「倫理観や理念の欠如」(53・5%)、「職員のストレスや感情コントロールの問題」(47・2%)などでした。
 厚労省は、「施設職員に対し、利用者への対応や感情のコントロールなどの研修を強化していきたい」としています。

 2018年12月30日(日)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。