So-net無料ブログ作成

■C型肝炎薬「マヴィレット」が国内首位に 2018年の医薬品ランキング [健康ダイジェスト]





 アメリカの医薬コンサルティングのIQVAは19日、日本国内における2018年の医薬品売上高ランキング(薬価ベース)をまとめました。アメリカのアッヴィのC型肝炎薬「マヴィレット」が首位となりました。
 市場全体は1・7%減の10兆3374億円で、薬価引き下げの影響から2年連続で市場規模は縮小しています。
 マヴィレットは2017年11月に国内販売が始まり、一気に普及しました。C型肝炎薬が首位となったのは2016年のアメリカのギリアド・サイエンシズ「ハーボニー」以来2年ぶりです。ただマヴィレットは患者に急速に行き渡った結果、四半期ベースでは2018年4~6月をピークに販売が減少に転じています。
 2017年に首位だったロシュのがん治療薬「アバスチン」は2位に転落しました。
 小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」は3位。ライバル薬であるアメリカのメルクの「キイトルーダ」が前の年に比べ2・5倍の伸びで6位に食い込んでおり、がん免疫薬の市場競争が激化しています。
 5位に入ったイギリスのアストラゼネカの胃潰瘍薬「ネキシウム」は2位から後退。同じ胃潰瘍薬で台頭してきたのが10位に入った武田薬品工業の「タケキャブ」で、24%増で初めてランクインしました。
 胃潰瘍薬は、後発薬の登場などで市場は2014年から減少傾向。後発薬にはネキシウムやタケキャブと同等の効果を持つものが多く、今後の売り上げの維持が注目されます。
 アメリカのジョンソン・エンド・ジョンソンの抗リウマチ薬「レミケード」は7位に順位を下げました。特許切れ薬ながらランクインを続けていますが、バイオシミラー(バイオ後続品)の浸透もあり、落ち込みが目立っています。

 2019年2月19日(火)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。