So-net無料ブログ作成

■スマホ自撮りで歯周病や口腔がんを発見 東北大とドコモが共同研究へ [健康ダイジェスト]





 人工知能(AI)を活用して、歯周病や口腔(こうくう)がんを早期に発見できるスマートフォン(スマホ)のアプリを実用化しようと、産学の共同研究が始まることになりました。
 これは東北大とNTTドコモが発表したもので、今年4月から共同研究を始めるとしています。
 21日は実用化をイメージしたアプリが公開され、スマホのカメラで口の中を自撮りすると歯周病の症状が出ているかどうか、判定します。判定を行うのは、歯周病の人の口の中を学習したAIで、歯茎の色やはれがあるかどうかなどを瞬時に見極めることを目指します。
 また、同じくAIを活用して、舌の写真から口腔がんや、あごの動きが悪くなる顎(がく)関節症の症状があるかどうか調べことができるアプリも開発するということです。
 正式な診断はあくまで医師が担いますが、病気の予防や早期発見につなげたいとして、今後、精度を高めるための研究を重ね、2022年度の実用化を目指しています。
 東北大大学院歯学研究科の佐々木啓一研究科長は、「歯周病は自覚症状が少なく、検診の受診率は全国で4・3%程度と非常に低い」と指摘し、「どの時点で歯医者に行けばよいか、検診すればよいか、わからない人が多いのでそこを助けられればよいと思う」と話しています。
 また、NTTドコモ先進技術研究所の滝田亘所長は、「AIの技術は応用性が広いので社会に役立つサービスをつくっていく」と話しています。

 2019年2月21日(木)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。