So-net無料ブログ作成

■2017年の医薬品生産額、富山県が2位に 静岡県に首位譲る [健康ダイジェスト]





 厚生労働省が17日に発表した薬事工業生産動態統計によると、2017年の富山県の医薬品生産金額は前年比5・2%増の6540億円でした。全国の伸び率は上回ったものの、2割超増えた静岡県に首位を譲り、都道府県別で2位に転落しました。2016年までは2年連続で1位でした。
 国内の医薬品生産額は、前年比1・5%増の6兆7213億円でした。一部で薬の過剰投与の見直しの動きがあるものの、高齢化の進展のため医薬品の需要は依然として堅調で、前年実績を上回りました。
 富山県のシェアは0・34ポイント高まり、9・73%でした。新薬より価格の安い後発医薬品の生産が盛んな富山県では、医療費削減の流れが追い風となり、全国を上回るペースで生産が増えました。石井隆一知事は、「富山県の医薬品産業がさらに発展するためには、海外市場への進出やバイオ医薬品などの新たな成長分野への参入、技術力のさらなる向上、人材の育成などが重要」とコメントしました。
 ただ静岡県は24・3%増の6820億円と生産額を伸ばしたため、富山県は首位を譲りました。大手製薬会社が工場を構える静岡県では、高額医薬品の生産が好調だったとみられます。
 北陸3県では、福井県が13・6%増の1109億円で19位、石川県が5・8%減の1106億円で20位でした。

 2019年4月17日(水)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。