So-net無料ブログ作成

■沖縄県、運転免許返納が一気に5倍 東京・池袋事故後に [健康ダイジェスト]




 
 4月19日、東京都豊島区池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し、沖縄県出身の女性と娘が巻き込まれて死亡した事故以降、同県内で運転免許の自主返納が増加傾向にあることが、18日までにわかりました。
 自主返納者の多くは65歳以上の高齢者。沖縄県警によると、事故以前の返納者は1日6人程度でしたが、事故の翌週は多い日で事故以前の5倍に当たる31人が返納申請しました。
 1998年に制定された運転免許の自主返納制度は、加齢による身体機能や認知機能の衰えで運転に不安のある人などが自主的に免許を返す制度。2009年に82人だった自主返納者は2018年に3463人と42倍に増えました。2019年は3月までの返納者は854人(暫定値)で、4月の事故を受け返納者はさらに増える見込みです。
 沖縄県警交通部は、「運転に不安を感じている人は相談を寄せてほしい」と呼び掛けています。高齢ドライバーを巡っては年齢を理由に運転を危険視されることも多く、70歳以上に義務化された高齢者講習の予約が取りづらいなどの指摘もあります。
 全国で事故や逆走などの報道が相次ぎ自主返納制度の認知が高まる中、公共交通が整わない環境で車社会の沖縄県では家族や近親者のサポートがないと返納にはつながらないと県警はみており、公共交通の割引拡充など自主返納につながる環境づくりを検討しています。

 2019年5月18日(土)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。