So-net無料ブログ作成

■豊胸や美容サプリに使用の4食品、注意が必要な成分に指定へ 厚労省が方針 [健康ダイジェスト]




 
 厚生労働省の有識者会議は20日、豊胸や美容の効果をうたう健康食品やサプリメントに使われている4つの食品を「特別の注意を必要とする成分等」に指定する方針案をまとめました。製造販売業者は、適正な製造管理や健康被害情報の報告が義務付けられます。
 4食品は、プエラリア・ミリフィカ(豊胸、美肌など)、ブラックコホシュ(更年期障害)、コレウス・フォルスコリー(体脂肪率減少など)、ドオウレン(鎮痛、解毒)。いずれも植物で、ハーブや漢方などとして使われています。
 2018年6月に食品衛生法が改正され、2020年6月をめどに始まる新制度の一環。指定成分は年内にも決定し、告示します。指定された食品や成分を食べても直ちに健康被害が出るものではありません。
 厚労省によると、プエラリア・ミリフィカはタイなどに分布するマメ科のクズ(葛)と同属の多年生つる植物で、根には女性ホルモンと同様の働きをする成分を含み、「豊胸によい」、「肌によい」、「若返りによい」などの効果が期待できるといわれています。
 しかし、プエラリア・ミリフィカの摂取によって、エストロゲンが常に過剰な状態が続くことにより、女性ホルモンのバランスが乱れて生理不順や不正出血など、5年間で223件の健康被害があったといいます。

 2019年5月20日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。