So-net無料ブログ作成

■野菜、果物、魚が少なく、塩が多いと死亡リスク3倍 厚労省が調査 [健康ダイジェスト]




 
 国が勧める食事量より野菜や果物、魚が少なく、食塩が多いと、脳卒中や心臓病の死亡リスクが約3倍になることが、厚生労働省の研究班の調査でわかりました。単一の食品と死亡リスクの関係を調べた研究はこれまでにもありますが、複数の食品の組み合わせで評価したのは初めてといいます。
 研究班(代表者=三浦克之・滋賀医科大学教授)は、1980年の国民栄養調査に参加し、食べた物の重さをはかりで量って、1日当たりの食事量を調べた全国の30~79歳の男女9115人を、2009年まで追跡しました。
 国の健康施策「健康日本21」などが勧める1日当たりの食事量を元に、基準を設定。野菜350グラム、果物200グラム、魚80グラム(いずれもこの量以上)、食塩は男性8グラム未満、女性7グラム未満を基準量にして、過不足の影響を調べました。
 29年間で、脳卒中や心臓病といった循環器病で1070人が死亡。基準をすべて満たした人と比べ、野菜・果物・魚がいずれも基準量の半分未満、食塩が基準量以上の人は、循環器病による死亡リスクが2・87倍になりました。野菜は十分でも果物と魚は半分未満、食塩は基準量以上だと、死亡リスクは2・25倍でした。

 2019年5月22日(水)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。