So-net無料ブログ作成

■東レ、血液1滴から複数のがんを発見 検査キットを年内に承認申請 [健康ダイジェスト]




 
 東レは血液1滴からさまざまながんを発見する検査キットについて、2019年中に厚生労働省に製造販売の承認を申請します。優先的に審査する対象に選ばれており、2020年にも承認される可能性があります。膵臓(すいぞう)がんなどの早期発見も期待できます。
 承認されれば、数万円で複数のがんを一度に調べられる見通し。現在、遺伝子検査でがんを発見する方法はアメリカで実用化されていますが、血液は数十ミリリットル以上必要で発見できる割合も低くなっています。東レの場合は、血液が1滴と利用者の負担が少なく、がんの有無の判定精度も95%以上といいます。
 国立がん研究センターなどと2014年に始めた研究プロジェクトがこのほど終了し、その成果を事業化します。がんができると血液中に増える「マイクロRNA」という物質を検出する手法で、東レはこれを検出する遺伝子解析チップを開発しました。
 この遺伝子解析チップは独自の素材や加工技術を生かし、マイクロRNAなどを従来に比べ100倍の感度で検出できます。血液1滴分、50マイクロ(マイクロは100万分の1)リットル程度あれば検査できます。
 マイクロRNAは遺伝子の働きにかかわる物質で、体内に約2600種類存在します。がんはこのうち特定のマイクロRNAを分泌し、増殖したり転移したりしています。
 研究プロジェクトでは、乳がんで5種類、大腸がんで3種類など、各がんの鍵を握るマイクロRNAを特定することに成功。東レの膵臓や胆道にできるがんを検査する遺伝子解析チップが4月、厚労省の「先駆け審査指定制度」の対象に選ばれました。通常12~14カ月かかる審査が最短6カ月に短縮されます。

 2019年6月9日(日)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。