So-net無料ブログ作成

■コンゴのエボラ出血熱流行、隣国ウガンダに拡大 家族3人が感染し男児が死亡 [健康ダイジェスト]




 
 エボラ出血熱の流行が続くアフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)の隣国ウガンダで12日、5歳の男児を含む3人の患者が確認されました。関係者が以前から恐れていた国境を越えた感染拡大が現実となりました。
 世界保健機関(WHO)とウガンダの衛生当局は11日、コンゴから家族と一緒に9日にウガンダに帰国したウガンダ人の男児が、エボラ出血熱の症状を発症したことを明らかにしました。
 ウガンダ衛生省によると、エボラ出血熱の感染が確認されたのは、この男児と3歳の弟、50歳の祖母の3人。ウガンダ西部にある病院のエボラ出血熱治療病棟で隔離されていましたが、WHOは12日、5歳の男児が11日夜に死亡したことを明らかにしました。
 ウガンダ衛生省は、この一家と接触した8人の足取りを追っています。ウガンダ人男性と結婚したコンゴ出身の母親が、祖父の看病のために2人の子供と祖母、別の家族1人を連れてコンゴを訪れていたといいます。祖父は後にエボラ出血熱で死亡しました。
 コンゴでは、昨年8月1日から始まった今回の流行によって1300人以上が死亡しました。最も感染者が多い北キブ州とイトゥリ州は、ウガンダ、ルワンダ、南スーダンと国境を接しています。
 患者数はこの数週間で増え続けており、国境を越えた感染の拡大に対する不安が強まっていました。
 イギリスの医療研究慈善団体ウェルカム・トラストは今回の流行について、「真に恐ろしい段階にあり、すぐにも食い止められる兆しはない」と述べ、「死者の数は、2013~2016年の西アフリカでの流行を除けば、歴史上のどの流行よりも多い。今の状況がそうした恐ろしいレベルへとエスカレートし得ることに疑いの余地はない」と指摘しています。
 WHOは緊急委員会の会合を14日に開催し、現状の評価を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に引き上げるかどうかを決定すると発表しました。WHOでは、これまでエボラ出血熱の流行がコンゴ国内の一部地域に抑えられていたため、評価の引き上げを見送っていました。

 2019年6月13日(木)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。