So-net無料ブログ作成

■ウガンダ、エボラ出血熱で2人目の死者 コンゴの死者1400人超に [健康ダイジェスト]




  
 アフリカ中部のウガンダで13日、隣国のコンゴ民主共和国(旧ザイール)から飛び火したエボラ出血熱により2人目の死者が出たことが確認されました。一方のコンゴでは、10カ月にわたり続くエボラ出血熱の流行による感染者が疑い例を含めると2000人を超え、死者が1400人を超えたことが、当局により発表されました。
 エボラ出血熱がウガンダに拡大した切っ掛けは、幼い子供たちのいる一家と子守の計6人が、親族の看病をするためコンゴを訪問したことでした。この親族はその後、エボラ出血熱で死亡しました。
 世界保健機関(WHO)によると、6人はコンゴの隔離病棟から「逃げ出し」、抜け穴の多い国境にある非公式の越境地点を通り、9日にウガンダに帰国しました。この翌日、5歳の男児が吐血をし、ウガンダ西部ブウェラの病院で診察を受けました。その後、この男児に加え、その祖母がエボラ出血熱で死亡。3歳の弟も感染が確認されました。
 ウガンダの保健省は、コンゴに残っている「家族の支援と慰め」を受けるため、エボラ出血熱に感染した3歳の男児を含む5人がコンゴに戻ることに同意したと発表。男児は両親と生後3カ月のきょうだい、子守とともに救急車でウガンダからコンゴに移送されました。

 2019年6月14日(金)
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。