So-net無料ブログ作成

■歯科機器をインターネットで無許可販売 20年前製造の中古品も [健康ダイジェスト]




  
 インターネットを通じて、歯を削る医療機器を無許可で歯科医に売ったとして、大阪府警生活環境課は18日、歯科技工士の浜田徹(61歳)(大阪府池田市)、知人で医療機器販売会社員の瀬尾隆昭(60歳)(大阪市淀川区)両容疑者を医薬品医療機器法違反(無許可販売)容疑で逮捕しました。
 2人は、約20年前に作られ、すでに製造が終了した中古品を販売しており、府警は入手経路などを調べています。
 発表では、2人は今年3~5月、同法に基づく都道府県などの販売許可を得ずに、先端のドリルで歯を削る「ハンドピース」2点と、滅菌器1点をネットオークションで、大阪府、兵庫県、愛知県の歯科医3人に1万~約5万円で売った疑い。新品のハンドピースは、約20万円するものもあります。
 浜田容疑者は「副業としていた」と供述する一方、容疑を一部否認し、瀬尾容疑者は認めているといいます。
 府警によると、2人が販売した3点のうち2点は、約20年前に製造された中古品でした。いずれも同法に基づき、故障すれば治療に重大な影響を及ぼす「特定保守管理医療機器」に指定され、定期点検など適切な保守管理を受ける必要があります。だが、すでに製造が終わっているため、メンテナンスが十分に受けられない状態でした。
 2人は約10年間にわたり、多数の医師らにハンドピースなど約1000点以上を販売し、1000万円以上を売り上げていたとみられ、「治療に使って壊れた」と府警に説明する医師もいました。
 医療機器を巡っては近年、厚生労働省にインターネットで中古品が売られているとの報告が多数寄せられていました。医療関係者によると、安価で手に入るため、一部の医師らが許可の有無を確認せず、購入しているとみられます。

 2019年7月19日(金)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。