So-net無料ブログ作成

■富士化学工業、有効成分5%の発毛剤を発売 インターネットで販売 [健康ダイジェスト]




  
 医薬品製造の富士化学工業(富山県上市町)は発毛剤『ミノキシジル配合外用液5%「FCI」』を発売しました。発毛成分であるミノキシジルの濃度を国内の商品で最大に高め、頭皮の炎症や過剰な皮脂を防ぐ成分も配合しました。
 ミノキシジルは、頭皮に使用することで毛包に直接作用し、発毛・育毛・脱毛予防効果を発揮する有効成分で、世界90カ国以上で承認され使用されています。壮年性脱毛症向けの新商品は、このミノキシジルの濃度を高くすることで効果をより高めたといいます。
 価格は、60ミリリットル入りで6800円(税別)。成人男性(20歳以上)が1日2回、1回1ミリリットルを脱毛している頭皮に塗布します。
 処方せんのいらない一般用医薬品(OTC)で、インターネット通販で販売します。薬価の引き下げ圧力が高まる中、薬価改定の影響を受けない一般用医薬品の投入で、収益確保を目指します。  同社は、サプリメントや食品に使う抗酸化物質「アスタキサンチン」も製造しています。

 2019年8月17日(土)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。