So-net無料ブログ作成

■熱中症で7338人搬送、死者7人 12~18日、前週より大きく減少 [健康ダイジェスト]





 総務省消防庁は20日、熱中症でお盆期間中の12~18日の1週間に救急搬送されたのは、全国で7338人だったとの速報値を発表しました。台風の影響で曇りや雨の日が増えたこともあり、5~11日の前週の1万2751人から大きく減少しましたが、前年同期の4432人と比べ高い水準が続いています。
 搬送者のうち、山形県や大阪府など7府県の計7人が死亡しました。
 集計によると、3週間以上の入院が必要な重症は131人、短期入院が必要な中等症は2425人でした。年齢別では、65歳以上の高齢者が3859人で全体の52・6%を占めました。熱中症の発生場所は、住居が44・3%と最も多くなりました。
 都道府県別の搬送者数は、東京都が633人と最多で、大阪府576人、埼玉県457人と続きました。
 今週も多くの地域で最高気温が30度を超える真夏日が続いており、消防庁はこまめな水分補給や涼しい場所での休憩を呼び掛けています。

 2019年8月20日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。