So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■慢性期の脊髄損傷、細胞移植とリハビリで相乗効果 慶大がマウスで実験 [健康ダイジェスト]





 交通事故などで脊髄損傷になった患者は半年以上たつと、将来、体のさまざまな組織になるiPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った神経の細胞の移植が可能になっても、運動機能を回復させることは難しいと考えられていますが、慶応大学などの研究チームは、細胞の移植と歩行訓練を組み合わせれば、運動機能を回復できる可能性があることをマウスを使った実験で明らかにしました。
 この研究を行ったのは、慶応大学の中村雅也教授らのチームです。チームでは、脊髄を損傷して6週間以上が経過したマウスに、リハビリとしてまず1週間の歩行訓練をした上で、神経を新たに作り出す神経幹細胞などを移植し、再び8週間、歩行訓練のリハビリを行いました。
 その結果、治療前は足を引きずりうまく歩けなかったマウスがしっかりと歩き、歩行のスピードも1・5倍になったということで、細胞移植だけやリハビリだけのマウスに比べて、相乗効果で回復度合いが高くなりました。
 研究チームでは、交通事故などで脊髄損傷になった患者にiPS細胞を使って神経を再生するための研究を進めていますが、国内に20万人以上いるといわれる半年以上がたった慢性期の患者は症状が固定してしまい、運動機能の回復は難しいと考えられてきました。
 中村教授は、「iPS細胞を使った移植とリハビリを組み合わせれば、慢性期の患者でも回復できる可能性のあることがわかった。治療法の開発に向けた大きな一歩だ」と話しています。
 研究チームでは、2017年度にも、脊髄を損傷して2~4週の患者に、iPS細胞から作った神経幹細胞を移植する臨床研究を始める方針。2019年をめどに、慢性期の患者に対して、神経幹細胞の移植と体の動きを助ける装着型ロボットを使うリハビリを組み合わせた臨床研究を試みる計画も検討しています。
 今回の研究成果は3日、イギリスの科学誌電子版に発表されました。

 2016年8月4日(木)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■E型肝炎、1400人に1人が感染 東京都の献血で [健康ダイジェスト]





 輸血で感染することがあるE型肝炎ウイルスについて、東京都内で献血した人の約1400人に1人が感染していたことが3日、日本赤十字社の調査で明らかになりました。全国で感染率が最も高いと考えられている北海道の2倍近くに上りました。
 E型肝炎に関しては、移植患者らが輸血で感染し、起こらないとされていた慢性肝炎になった例が判明しています。厚生労働省や日赤は今後、免疫が低下するなどリスクの高い人には、血液の提供前にウイルスを検査する仕組みが必要かどうかを検討します。
 E型肝炎はウイルス性の急性肝炎で、輸血のほか、ウイルスに汚染された水の摂取、豚肉の生食などで感染します。発症すると黄疸(おうだん)のほか熱やだるさ、吐き気など急性肝炎の症状が出て、一部は劇症肝炎になる恐れがあります。一方で大半の患者は回復し、感染しても症状が全く出ない人も多くみられます。
 日赤によると、3月から6月に東京都内で献血した人から約1万5000人を抽出して検査した結果、20歳から60歳代の11人からE型肝炎ウイルスを検出しました。
 検出された人の居住地は、東京都だけでなく千葉県や埼玉県、神奈川県、山梨県に及び、感染率を基に試算すると、関東甲信越地域で年間約8000人が感染している可能性があるといいます。
 輸血によるE型肝炎ウイルスへの感染は2002年~2014年に17人が確認されていますが、日赤は具体的な対策は取っていません。
 国立感染症研究所の石井孝司室長は、「免疫が低下していてリスクが高い人に輸血する時は、輸血用血液のE型肝炎ウイルス検査が必要ではないか」としています。

 2016年8月4日(木)
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康