So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■RSウイルス感染症の流行、例年より早く始まる 1週間の患者1778人 [健康ダイジェスト]





 乳幼児に重い肺炎などを引き起こす可能性がある「RSウイルス感染症」の流行が例年より早く始まり、専門家が感染予防を呼び掛けています。
 RSウイルス感染症は、発熱やせきなど風邪に似た呼吸器症状を起こす病気で、初めて感染した乳幼児や高齢者を中心に気管支炎や肺炎を起こしやすくなります。生後6カ月以内の乳児や早産児、慢性肺疾患や先天性心疾患などの基礎疾患を持っている乳幼児は重症化しやすいとされ、さらに生後4週未満では突然死(乳幼児突然死症候群)につながる無呼吸が起きやすく、注意が必要です。
 例年、秋から冬に患者が増え、夏期は患者が少ない状態が続いていましたが、近年、7月ころから増加傾向がみられるなど、流行の立ち上がりが早まってきている傾向がみられています。
 国立感染症研究所によると、7月16日までの1週間に、全国約3000の小児科定点医療機関から報告があった患者数は1778人で、同じ時期を比較すると過去10年間で最多。北海道で251人、神奈川県で235人、沖縄県で134人と多く、道や県はホームページなどを通じて注意喚起を行いました。
 RSウイルスの付いた物を触ったり、せき、くしゃみなどの飛まつを吸い込んだりして移ります。RSウイルス感染症は治療薬などがなく、予防が中心。
 国立感染症研究所感染症疫学センターの木村博一・第6室長は、「今は地域的だが、全国に広がる可能性があるため、手洗いやマスクの着用で予防してほしい」と話しています。

 2017年7月27日(木)
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■平均寿命、男性80・98歳、女性87・14歳で過去最高更新 男女とも世界2位 [健康ダイジェスト]





 2016年の日本人の平均寿命は男性が80・98歳、女性が87・14歳で、ともに過去最高を更新したことが27日、厚生労働省の調査で明らかになりました。前年からの延びは男性0・23歳、女性0・15歳でした。
 過去最高の更新は、男性が5年連続、女性が4年連続。男女差は、前年から0・08歳縮まり6・16歳になりました。
 「3大死因」と呼ばれるがん、心疾患、脳血管疾患に加え、肺炎などで亡くなる人が減少傾向にあるためで、厚労省は「医療技術の進歩や健康志向の高まりで寿命はまだ延びる余地がある」と分析しています。
 厚労省が情報を把握する50カ国・地域の平均寿命をみると、男女とも1位は香港、2位は日本でした。香港の平均寿命は男性が81・32歳、女性が87・34歳。日本の男性は前年2位だったアイスランド、3位だったスイスを抜いて、4位から2位に上がり、女性は2位を維持しました。
 厚労省は毎年、各年齢の人が平均何年生きられるかを表す「平均余命」の見込みを計算。平均寿命は、その年に生まれた0歳の子供が何年生きられるかを示しています。 
 統計を取り始めた1947年の平均寿命は男性50・06歳、女性53・96歳でしたが、医療技術の進歩や公衆衛生の向上などに伴い、右肩上がりで延びました。今年4月公表の将来推計人口では、平均寿命のさらなる上昇が見込まれ、2065年に男性で84・95歳、女性で91・35歳に達する可能性が示されました。
 2016年生まれの日本人では、75歳まで生きる人の割合は男性75・1%、女性87・8%。90歳まで生きる人の割合は男性25・6%、女性は49・9%で、いずれも過去最高でした。
 将来どの死因で亡くなるかをみた場合、がんの死亡割合が男性29・14%、女性20・35%と最も高く、平均余命を男性で3・71歳、女性で2・91歳縮めています。ほかの死亡率は老衰を除き、男女とも心疾患、肺炎、脳血管疾患の順。大半は年々低下していますが、女性のがんは微増傾向にあります。

 2017年7月27日(木)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■職場での障害者虐待972人、給料搾取や暴言 2016年度、前年度より13%減る [健康ダイジェスト]





 2016年度に雇用主や職場の上司から給料の搾取や暴言、わいせつ行為などの虐待を受けた障害者は972人に上ったことが27日までに、厚生労働省の調査で明らかになりました。前年度に比べ151人(13・4%)減少しました。
 調査結果は障害者虐待防止法に基づいて公表されており、今年で5回目(1回目は2012年10月~2013年3月の半年間)。厚労省労働紛争処理業務室は、「障害者虐待防止法の周知により、適切な労働管理が進んでいる」とした上で、「規模の小さい事業所では障害者の雇用経験が乏しく、理解が進んでいない。雇用管理に周知啓発を行っていく」としています。
 調査は、虐待の通報や情報提供があった全国の1316事業所について、都道府県の労働局が事業所に出向くなどして事実確認を行いました。
 虐待の事実を確認し、是正指導などを行ったのは、全国の581事業所。賃金未払いや最低賃金を下回る額で働かせるなどの「経済的虐待」を受けたのが852人と最も多く、暴言や差別的言動などの「心理的虐待」が115人、「身体的虐待」が57人、性的虐待が6人でした。
 障害の種別では、知的障害が530人と最も多く、精神障害は234人、身体障害は209人、発達障害は20人でした。
 虐待例では、飲食サービス業に勤めていた知的障害のある九州地方の20歳代男性が上司から暴言や物を投げつけるなどの暴力を受けたり、聴覚障害のある東北地方の60歳代男性が上司から「下手くそ」「辞めろ」などと手話で示されたり、卸売り業で働く知的障害のある20歳代女性がプレゼントと引き換えに、上司ら複数の男性から性的関係を強いられたりしました。
 事業所を業種別でみると、製造、医療・福祉、卸売り・小売りの順に多くなっています。規模は従業員50人未満が8割を占め、1000人以上も2カ所ありました。 

 2017年7月27日(木)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 心房頻拍 [用語(さ行)]





[ゴルフ]心房内の規則的な電気刺激により、心臓の拍動が1分間に140~200回に増える頻拍
 心房頻拍とは、心臓内部の上半分である心房内に異常興奮部位が存在することで、心臓の拍動が1分間に140~200回へと突然増える頻拍。AT(atrial tachycardia)とも呼ばれます。
 正常な心臓では、右心房付近にある洞結節(どうけっせつ)から1分間に60~80回の電気刺激が発生して、心臓内部の上半分である右心房、左心房、心臓内部の下半分である右心室、左心室を規則正しく収縮させることで拍動を起こし、心臓は絶え間なく全身に血液を送り出しています。
 心房頻拍は、洞結節からの電気刺激ではなく、心房内の異常な心筋細胞から極端に速い頻度で電気刺激が発生してしまうことで起こります。
 頻拍が発生する起源により、異所性心房頻拍、リエントリー(再侵入)性心房頻拍(心房内リエントリー性頻拍、マクロ・リエントリー性心房頻拍)などに分類されます。
 異所性心房頻拍は、比較的狭い異常な心筋細胞が心房内に発生することが原因となるため、起源は多彩です。好発部位は、右心房では分界稜(りょう)、上大静脈、冠静脈洞、左心房では肺静脈入口部周囲。比較的若い人に多くみられます。
 一方、リエントリー性心房頻拍は、洞結節の周囲や、心臓の外科手術で切開した跡の周囲などに、電気的刺激が比較的大きく旋回することが原因となります。
 心房頻拍のほとんどは一過性で、特に心配はいりませんが、突然に拍動が速くなり、突然に元に戻るのが特徴です。頻脈発作の持続時間は数秒から数時間までとさまざまで、起こる回数もまちまちです。
 頻脈発作の持続時間が短い非持続性心房頻拍の場合は、胸がドキドキする感じがするくらいですが、頻脈発作が長く続く持続性心房頻拍の場合や、拍動が1分間に200回くらいになる場合は、強い動悸(どうき)や息切れといった自覚症状を感じることがあります。胸の違和感、不快感を覚えることもあります。
 また、一過性の非持続性心房頻拍でない場合は、心不全を合併するもの、脳梗塞(そくせん)を引き起こすものもあり、心房の拍動が1分間に300回以上と速くなったり、拍動のリズムが不規則になったりする心房細動に移行することもあります。
 心房頻拍は特に原因となる疾患がなくても起こることもある一方で、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)がある人、肺や食道の手術を受けた人、狭心症や心筋梗塞を起こしたことがある人などは特にリスクが高くなります。
[ゴルフ]心房頻拍の検査と診断と治療
 循環器科、循環器内科、心臓血管外科、心臓血管内科、不整脈科、不整脈内科などの医師による診断では、心臓の電気的活動を体表面から波形として記録する心電図検査を中心に行います。心電図における真っすぐの基線である等電位線があり、心房の興奮頻度が1分間に140~200回のものを心房頻拍と見なします。
 心臓の拍動数が1分間に100回を超えるような持続性心房頻拍が認められた場合には、胸部X線検査や心臓超音波(エコー)検査を行い、心不全の有無を確認します。発作時の心電図がない場合は、携帯式で小型のホルター心電計を付けたまま帰宅してもらい、長時間の心電図で診断することもあります。
 異所性心房頻拍とリエントリー性心房頻拍の鑑別には、アデノシン三リン酸(ATP)の投与が有用で、異所性心房頻拍では頻拍が停止することが多いのに対して、リエントリー性心房頻拍では心室の興奮が通常より遅れたり、欠落する房室ブロックが生じるものの頻拍自体が停止することはありません。
 循環器科、循環器内科、心臓血管外科、心臓血管内科、不整脈科、不整脈内科などの医師による治療では、症状が強い場合、β(ベータ)遮断薬やナトリウムチャネル遮断薬などによる薬物治療を行います。
 効果がない場合や、薬が使えない場合には、極端に速い頻度で電気刺激を発生させている異常興奮部位を探し、足の付け根などからカテーテルと呼ばれる電極を心臓内に挿入し、高周波で焼灼(しょうしゃく)するカテーテルアブレーションという手術を行います。一度焼灼された組織は瘢痕(はんこん)化し電気が流れなくなりますので、頻拍は起こらなくなります。




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康