So-net無料ブログ作成

■インフルエンザの流行拡大、患者数は推計124万人 複数のウイルスが流行 [健康ダイジェスト]





 全国のインフルエンザの患者数は直近の1週間(1月1~7日)におよそ124万人と推計されるなど流行が拡大しており、専門家は受験を控えた生徒や高齢者などに手洗いやマスクの着用の徹底などを呼び掛けています。
 国立感染症研究所によりますと、1月7日までの1週間に全国およそ5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり16・31人となり、この数値を元に推計した全国の患者数はおよそ124万人と、前の週から23万人程度増加し流行が拡大しています。
  都道府県別にみますと宮崎県が34・17人と最も多く、次いで沖縄県が31・76人、大分県が28・93人と、九州・沖縄地方の各県で多くなっているほか、滋賀県で25・38人、岐阜県で25・28人などとなっています。
 また、12月31日までの4週間に検出されたウイルスを分析した結果、9年前に「新型インフルエンザ」として流行したH1N1型ウイルスがおよそ6割と最も多いほか、B型のウイルスも3割ほど検出されているということです。
 国立感染症研究所の砂川富正室長は、「複数のウイルスが流行する状態で、1度感染しても再度、感染する恐れがある。特に受験を控えた生徒や高齢者は手洗いやマスクの着用などの対策を徹底するとともに、家族に感染の疑いがある時はタオルの共有をしないことや別室で休むなど、接触を避けて感染を予防してほしい」と呼び掛けています。

 2018年1月15日(月)
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■がんゲノム医療、先進医療に初めて申請 国立がん研究センター2018-01-15 [健康ダイジェスト]





 がん患者の遺伝情報を調べ治療につなげるがんゲノム医療に関し、国立がん研究センター中央病院は12日、遺伝子検査法を先進医療に申請しました。がんゲノム医療分野で先進医療に申請するのは、日本で初めて。
 先進医療に認められれば、一部に公的医療保険が使えるようになります。今年度中をめどに承認される見通し。
 がんゲノム医療は、がん細胞の遺伝子を網羅的に調べ、どの遺伝子に異常が起きているかを突き止め、変異に応じて薬などを使い分ける方法。個々の患者のがん細胞の特徴に合う抗がん剤を使うことができ、より効果的な治療ができるようになると期待されています。一部の施設で、臨床研究や自由診療で実施されています。
 中央病院では2013年から、民間企業とともに検査機器(次世代シーケンサー)を開発。研究の一環として患者の遺伝子を調べ、治療につなげてきました。計画では、再発や病状の進行などで標準的な治療を受けられない最大350人の患者を対象に126種類の遺伝子を調べます。
 自由診療では100万円程度の検査費用のほか、診察や投薬などの費用も含めすべて自己負担。先進医療に認められれば、検査以外の通常の診察などは保険(自己負担1〜3割)が適用されます。中央病院以外の複数の施設も、先進医療の申請を準備中です。
 先進医療は、将来的な保険適用に向けた評価をするために実施する制度。厚生労働省は、この検査法について、先進医療としての実績を踏まえて2019年度の保険適用を目指しています。

 2018年1月15日(月)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康