So-net無料ブログ作成

■動物からの感染症で福岡県の60歳代女性が死亡 犬や猫との過剰な接触に注意を [健康ダイジェスト]





 福岡県の60歳代の女性が、犬や猫などの動物から人間に移る感染症によって、2016年5月に呼吸困難に陥って死亡していたことがわかり、厚生労働省はペットの動物などとの過剰な接触を避けるよう注意を呼び掛けています。
 このコリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、ペットや家畜の動物が持つコリネバクテリウム・ウルセランスと呼ばれる菌に感染して発症するもので、死亡した女性は呼吸困難で救急搬送され3日後に死亡。血液などから菌が検出されました。
 厚労省によりますと、女性はふだんから屋外で3匹の野良猫に餌を与えていて、その際に感染したとみられています。
 感染すると、のどの痛みやせきなど風邪に似た症状が出て、重い場合は呼吸困難を引き起こす恐れもありますが、この感染症による死亡が確認されたのは初めてだということです。人から人に移ることはほとんどありません。
 国立感染症研究所によると、この感染症は国内では2001年に初めて感染例が報告され、2017年11月末までに、死亡した女性を含め北海道、東京都、神奈川県、香川県、徳島県、福岡県などで25人の感染が報告されています。犬や猫を飼っていたり、接触があったりする患者がほとんどです。イギリスなど海外でも数十例が報告されており、死者も出ています。
 抗生物質を投与することで治療でき、厚労省は今月、自治体や医師会などに通知を出して、感染が疑われるケースがあれば報告するよう求めました。厚労省は、飼育している犬や猫に風邪に似た症状や皮膚炎などが出ている場合は早めに獣医師の診察を受け、過度な接触を避けるなど注意が必要だとしています。
 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症の予防には、別の感染症「ジフテリア」のワクチンが有効とされています。

 2018年1月16日(火)
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:健康