So-net無料ブログ作成

■がん粒子線治療の保険適用拡大へ 前立腺がんと頭頸部がんの一部に [健康ダイジェスト]





 厚生労働省は17日、がんの放射線治療の一種「粒子線治療」について、4月から前立腺がんや頭頸部のがんの一部に公的医療保険を適用する方針を決めました。厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)で同日、了承されました。
 現在は自費だけで300万円前後かかっていますが、保険適用で患者の自己負担が軽くなります。
 粒子線治療は、水素の原子核である陽子や、より重い炭素の原子核である重粒子を加速器でビームにし、がん細胞に当てて殺す治療法。従来のX線を使う放射線治療に比べ、ピンポイントで患部に照射することができます。2016年に小児がんの陽子線治療と手術が難しい骨や筋肉のがんの重粒子線治療が、保険適用になっています。
 前立腺がんは、粒子線治療を受ける患者数が年間約1700人と最も多いものの、先進医療に指定され、必要な検査代や入院費など一部にしか保険が使えません。2016年にも保険適用が検討されましたが、「他の治療法に比べて優位性が認められない」と判断され、見送られていました。
 今回は、前立腺がんや頭頸部のがんの一部に対する粒子線治療の最新の実績を検討し、有効性と安全性が認められると評価されました。一方、ほかのがんについては、標準的な治療法と比べて優位性が示されておらず、先進医療としての実施を維持するとしました。
 このほか、緑内障や角膜変性の目を3次元画像で解析する検査法など7種類についても、保険適用すべきだと評価されました。

 2018年1月19日(金)
nice!(10)  コメント(0)