So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■乳がんの遺伝子検査、実施率40%を下回る 全国の認定病院を調査 [健康ダイジェスト]





 女性のがんで最も多い乳がんでは、遺伝子検査が一般的な診療に取り入れられてきていますが、昭和大学などの研究チームが全国の乳がん治療の認定病院を対象に調査を行ったところ、「遺伝子検査を行っている」と答えた病院は40%を下回ったことがわかり、専門家は「早急に体制を整える必要がある」としています。
 乳がんでは、患者の10%程度は遺伝性とされ、遺伝子に変異があるか調べる検査が一般的な診療に取り入れられてきています。
 昭和大学の明石定子准教授らの研究チームは昨年10月、乳がんの専門的な治療を行う全国440の学会が認定した病院を対象にアンケート調査を行い、約60%の施設から回答を得ました。
 その結果、「遺伝子検査を行っている」と答えた病院は37・8%にとどまり、「行っていない」と答えた病院は62・2%になりました。
 また、検査で遺伝子の変異があった患者に対して、がんのない乳房も切除して再びがんになることを予防する手術が一定の条件を元に先月勧められることになったものの、この予防手術を行うための院内の手続きを終えている病院は12 ・7%だったということです。
 明石准教授は、「こうした検査の重要性が医療関係者の中で十分に浸透していないことが背景にあると考えられ、早急に体制を整える必要がある」としています。

 2018年6月13日(水)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■沖縄県、はしかの流行に終息宣言 経済損失は4億2000万円 [健康ダイジェスト]





 今年3月以降、沖縄県内で流行が続いたはしか(麻疹)の感染について、沖縄県はこの4週間で新たな患者が確認されなかったとして11日、「流行が終息した」と宣言しました。
 沖縄県内では今年3月20日、台湾から沖縄を観光で訪れた男性にはしかの感染が4年ぶりに確認されて以降、感染が広がり、これまでに99人の患者が確認されました。
 しかし、5月16日以降、4週間にわたって新たな患者は確認されておらず、沖縄県は国の指針に基づき11日に「流行が終息した」と宣言しました。
 沖縄県によりますと、はしかの流行を受けて、県内では6月6日までにツアーや宿泊予約のキャンセルは746件、5572人に上り、大型連休と重なり、直接的な経済損害額は試算で約4億2000万円と観光に大きな影響が出たということです。
 また、はしかに感染した患者の約7割は20歳代から40歳代と予防接種を1回しか受けていない世代が目立ったほか、台湾の男性が県内各地を回って接触した観光業や接客業の人への感染の広がりが目立ったということです。
 沖縄県保健医療部の砂川靖部長は記者会見で、「ワクチンを2回接種している人の割合が95%を超えれば、ウイルスを持ち込まれても流行には至らないといわれており、今後もワクチンの接種率の向上に努めたい」と述べました。

 2018年6月13日(水)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康