So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■血中カドミウム濃度が高いと早産の頻度1・9倍に  産業医科大などが調査 [健康ダイジェスト]





 産業医科大学(福岡県北九州市)などの研究チームは4日、約2万人の妊婦を対象とした調査で、血液中のカドミウム濃度が最も高いグループは、最も低いグループに比べて妊娠早期に早産となる頻度が1・9倍高いことがわかったと発表しまた。たばこや食品、環境中に含まれるカドミウムが原因となっている可能性があるといいます。
 環境省と国立環境研究所が2011年から始めた全国の約10万組の親子を対象とした「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」のうち、化学物質と健康に関する成果の第1弾。
 産業医科大学医学部の辻真弓・准教授らの研究チームは、約2万人の妊婦を対象に妊娠22〜33週を「早期早産」、34〜36週を「後期早産」、37週~42週未満を「正期産」として分類。体格指数「BMI」や喫煙・飲酒歴、妊娠・出産回数などの影響を考慮して分析しました。
 カドミウムと鉛、水銀、セレン、マンガンの5種類の金属の血中濃度を4つのグループに分けて、それぞれ早産との関係を解析したところ、妊婦の血液中のカドミウム濃度が最も低いグループに比べて、最も高いグループでは早期早産の頻度が1・9倍高いという関係がみられました。妊婦の血中カドミウム濃度と後期早産の間には、統計学的に有意な関係は認められませんでした。また、鉛、水銀、セレン、マンガンと早期・後期早産の間には、関係が認められませんでした。
 今後は約10万人のデータを使って再度分析したり、金属以外の因子と早産との関係を検討したりする方針です。成果は6月28日、海外の環境科学・疫学関連の専門誌「エンバイロメント・リサーチ」に掲載されました。

 2018年7月5日(木)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■線虫を使ったがん検査、本格的な臨床試験へ 日立など2020年の実用化目指す [健康ダイジェスト]





 線虫という小さな生物を使って、人の尿の臭いからがんを発見する検査方法の研究が進められています。日立製作所と、九州大学発のベンチャー企業「HIROTSU(ヒロツ)バイオサイエンス」が4日、共同で本格的な臨床試験に乗り出し、2020年1月の実用化を目指すと発表しました。
 両社が3年前から研究している検査方法は、犬に匹敵する嗅覚を持つという体長1ミリ程度の生物である線虫が、がん患者の尿には近付き、健康な人の尿からは遠ざかる動きをするのを利用し、ステージ0からステージ1という早期がんを発見できる確率をおよそ90%まで高められるのが特徴だとしています。
 これまでは顕微鏡を使って線虫の動きを人が1つずつ数えて、がん患者かどうかを判定していたため、検査に時間がかかるのが課題でしたが、今回新たに、線虫の分布を画像で解析して自動で調べる装置を開発し、検査時間を大幅に短縮できるようになったということです。
 両社は国内外の17の医療機関や大学と本格的な臨床試験に乗り出し、2020年の実用化を目指すとしています。
 HIROTSUバイオサイエンスの広津崇亮代表取締役は、「検査費用は数千円のレベルですむ。早期発見できる確率が飛躍的に上がるとみている」と話しています。
 線虫は線形動物とも呼ばれ、土の中や海中に生息するものや人などに寄生するものなど、さまざまな種類が自然界にいます。がん検査に使う線虫は、シーエレガンスという主に土の中に生息する種類です。目を持たない代わりに、犬に匹敵する嗅覚で餌を見付けたり天敵を避けたりします。線虫ががん患者の尿に集まるのは、大腸菌やバクテリアといった線虫が好む餌の臭いと、がん細胞から出る物質の臭いが似ているためとみられています。
 ステージ0からステージ1という早期がんの場合、腫瘍マーカーと呼ばれる血液を使ったがんの検査では発見できる確率が10%程度ですが、線虫を使った検査ではおよそ90%まで飛躍的に高まるのが特徴だとしています。ただ、線虫を使ったがん検査は、顕微鏡を使って担当者が一つ一つ線虫を数えていく作業が必要で、一人当たり一日3件から5件が限界でした。
 今回、日立が開発した自動撮像装置は、光を当てながらカメラで撮影し、その画像を解析して線虫の動きを自動で調べる仕組みで、一日に100件以上の検査が可能になるということです。
 装置を開発した日立製作所の久野範人主任研究員は、「線虫のがん検査は早期の発見ができそうで、世の中に貢献できるところが非常に大きい。ベンチャー企業と日立の技術を組み合わせれば早期の実用化ができる」と話しています。

 2018年7月5日(木)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康