So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■18歳以下の甲状腺がん、福島県の集計漏れ11人 福島県立医大が調査 [健康ダイジェスト]





 東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった約38万人を対象にした福島県の甲状腺検査を巡り、検査でがんと把握されていないがん患者が少なくとも11人いることが、8日、福島市であった県の検討委員会の甲状腺評価部会で報告されました。
 県の検査を受託する福島県立医大によると、同大付属病院で2011年10月〜2017年6月に甲状腺がんの手術を受けた人を調べたところ、県の検査で「がんまたはがんの疑い」としては集計されていない人が11人いました。検査で経過観察と判断された人が7人いたほか、検査を受けていなかった人などもいました。
 内訳は男性4人、女性7人。事故当時0〜4歳1人、5〜9歳1人、10〜14歳4人、15〜19歳5人となっています。
 県の甲状腺検査では、2011年10月〜今年3月に計162人ががんと診断されています。しかし、検査で経過観察と判断され、その後がんが判明した患者が集計から漏れているとの指摘が昨春、小児甲状腺がん患者を経済支援する市民団体からあり、検討委員会が調べるとしていました。
 検討委員会甲状腺評価部会長の鈴木元(げん)・国際医療福祉大クリニック院長は、「いろいろな方法で全数を把握していくのが重要だ」と話しました。

 2018年7月9日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■日本ハム、ウインナー1万3040パックを自主回収 樹脂片混入の可能性あり [健康ダイジェスト]





 日本ハムは8日、ウインナーソーセージ「小さなシャウエッセン85g(2個束)」の製造過程で黒い樹脂片が混入した可能性があるとして、6520束に当たる1万3040パックを自主回収すると発表しました。
 今のところ健康被害は確認されていないといいます。
 回収対象となるのは、子会社の東北日本ハム(山形県酒田市)の工場で6月25日に製造され、パッケージ表面の右下にある賞味期限欄に「18・7・24・NH」と記載された商品。2パックを1束にまとめて6520束が出荷され、関東を中心に販売されました。
 ウインナーの原料などを置くパレット(台)の樹脂片が混入したとみられます。7月2~5日、購入した客から「異物が混入していた」との問い合わせが3件あり、発覚しました。
 商品を着払いで東北日本ハムに郵送すれば、商品代金相当のクオカード(1束当たり500円)で返金します。問い合わせは平日午前9時~午後5時、日本ハムお客様サービス室、電話(0120)276380へ。

 2018年7月9日(月)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■新薬にアルツハイマー型認知症の進行を抑制する効果 エーザイが治験で確認 [健康ダイジェスト]





 製薬企業のエーザイ(東京都文京区)は6日、開発中のアルツハイマー型認知症治療薬について、症状の進行を抑える効果が第2相臨床試験(治験)の大規模試験で確認できたと発表しました。アルツハイマー型認知症の原因物質の一つとされる「アミロイドベータ」というタンパク質が脳内で減ることも示しました。
 新薬はアメリカの製薬企業バイオジェンと共同開発する抗体医薬品「BAN2401(開発名)」。アミロイドベータが脳に沈着する前段階の集合体に結合して除去します。2020年代早期の発売を目指しています。
 第2相治験は2012年~2018年に、日米欧などで856人を対象に実施。投与18カ月間の解析で、症状の評価指標に基づく悪化の抑制と、陽電子放射断層撮影装置(PET)による脳内のアミロイドベータ蓄積量減少を確かめました。
 アミロイドベータは脳に蓄積すると神経細胞が機能障害を起こし、細胞死をもたらすとされます。エーザイはこれまでも認知症の症状悪化を遅らせる薬「アリセプト」を販売してきました。新薬ではアミロイドベータを減らすことで、認知症を根本から治療することを目指しています。
 世界の製薬大手がアミロイドベータを標的とする薬の開発に取り組んでいますが、実用化された例はありません。6月には、アメリカのイーライ・リリーとイギリスのアストラゼネカが共同開発した「ラナベセスタット」が、最終段階の第3相治験で十分な治療効果を証明できないとして中止を発表しました。
 エーザイは現在、アミロイドベータを標的にした薬を3品目開発しています。BAN2401のほか、アミロイドベータの発生段階を狙う「エレンベセスタット」と、沈着する直前や沈着後を狙う「アデュカヌマブ」で、いずれも第3相治験に入っています。

 2018年7月9日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■あすか製薬、高血圧症治療薬を自主回収 発がん性物質が混入 [健康ダイジェスト]





 あすか製薬(東京都港区)は6日、2016年12月まで製造・販売していた高血圧症治療薬のジェネリック医薬品(後発薬)「バルサルタン錠『AA』」の4製品を自主回収すると発表しました。薬の原材料に、発がん性があるとされる物質「N―ニトロソジメチルアミン」が混入しているとして、海外の規制当局から情報が寄せられ、ヨーロッパで7月上旬から自主回収が始まったため。
 服用した場合、重い健康被害が出る可能性があるものの、現時点で被害の情報はないといいます。
 薬の原材料となる「原薬」をつくる中国企業の工場の製造過程で、問題の物質が発生したとみられます。
 「バルサルタン錠『AA』」は、国内では2014年5月から2016年12月にかけて、あすか製薬と外資系製薬のアクタビスの合弁会社「あすかActavis製薬」が製造し、病院や薬局1315カ所に約11万箱(約1250万錠)を販売しました。すでに大半が服用されているといいます。
 あすか製薬は、アクタビスが他社に買収された後に国内販売を中止したが、まだ市中に残っている可能性があるといいます。
 あすか製薬は、「服用し続けると重篤な健康被害に至る可能性は否定できない」としています。
 厚生労働省によると、問題の中国企業の工場の原薬が使われた薬は、国内ではほかにはないといいます。同省の担当者は、「健康への影響は発がん性物質の混入量によって違う。なぜ混入したかやどれだけの量が混入したか調査結果を報告してもらい、必要があれば対応していく」としています。

 2018年7月9日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康