So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■消費者庁、補正下着通販2社に課徴金 「脚が細くなる」効果なし [健康ダイジェスト]





 消費者庁は5日、根拠なく痩身効果などをうたい補正下着の通販を手掛けていた「SAKLIKIT(サクライキ)」(大阪市中央区)とギミックパターン(東京都渋谷区)の2社に対し、景品表示法に基づく課徴金を納付するよう命じました。
 命令の対象となったのは、2017年12月~2018年3月にすでに措置命令権限主体から景品表示の措置命令を受けている会社。課徴金額の調査が終了し、納付命令が出されました。
 今回、納付命令が出されたSAKLIKITは、2017年12月24日に公正取引委員会(事務総局近畿中国四国事務所)と消費者庁から措置命令を受けていました。ギミックパターンは今年3月26日に東京都から措置命令を受けていました。ギミックパターンは東京都の案件ですが、課徴金の納付命令権限は消費者庁のみが持つため、同社は消費者庁から課徴金納付命令を受けました。
 課徴金額は、課徴金制度施行後に措置命令を受けた商品などを違反行為期間中に販売した額の3%としています。SAKLIKITが255万円(違反認定商品の推定販売額約8500万円)、ギミックパターンが計8480万円(同28億円)となっています。
 ギミックパターンについては、「ストッキング(課徴金額2387万円)」「ブラジャー(同892万円)」「ショーツ(同2892万円)」「ブラ付きタンクトップ(同2309万円)」の4商品について、違反認定を受けています。
 SAKLIKITは、スマートフォン向けサイトで「はくだけで短期間で痩せる」「異常なスピードで体重が落ちる」などと宣伝し、根拠なく対象の下着「CC+ DOWN LEGGINGS(シーシープラスダウンレギンス)」を販売。消費者庁は同社に根拠を示すよう求めたものの、応じませんでした。
 ギミックパターンは、スマートフォン向けサイトで「はくだけで脚が細くなる」とストッキングを宣伝したり、裏付けとなる効果がないにもかかわらず、下着類に豊胸効果などをうたっていました。また、根拠のない「通常価格」を挙げた上で「特別価格」を表示し、不当に安値に見せ掛けようとしました。
 2社は2019年5月7日までに、課徴金を国家に納付しなければなりません。

 2018年10月5日(金)
nice!(1)  コメント(0) 

■がん免疫薬「オプジーボ」、5カ月以上作用が継続 併用薬選びや副作用減少が容易に [健康ダイジェスト]





 今年のノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった、京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏の研究を基に開発されたがん免疫薬「オプジーボ」について、投与すると5カ月以上作用が継続することが大阪大学などの研究でわかり、使用方法の改良などにつなげたいとしています。
 本庶氏の研究成果を基に小野薬品工業が実用化したオプジーボは、保険診療の対象となるがんが急速に増えています。ほかの抗がん剤と一緒に投与すると効果が高まるとされますが、患者の特徴に合わせて抗がん剤を選ぶ技術は確立していませんでした。
 大阪大学大学院医学系研究科の小山正平特任助教(呼吸器内科学)らの研究チームは、効果がなかったり副作用が出るなどしてオプジーボ投与を中止した非小細胞肺がん患者8人の血液を分析装置で調べ、オプジーボと免疫をつかさどる細胞にある「PD-1」との結合状態を詳細に解析しました。
 その結果、投与されたオプジーボは5カ月以上、PD-1と結合し、その間、免疫細胞を活性化する作用が継続していたということです。
 研究によりますと、投与を中止しても約半年にわたって免疫細胞が活性化した患者では、ほかの抗がん剤の治療効果が高くなりました。今後、患者の免疫細胞が活性化しているかどうか調べれば、併用する抗がん剤によって治療効果が高められる可能性があるといいます。
 一方で、副作用が起きた場合には投与を中止しても症状が継続する恐れがあり、さらに詳しく分析してオプジーボの使用方法の改良などにつなげたいとしています。
 小山特任助教は、「オプジーボの体内での動きを詳しく知ることで、より効果を高めたり副作用を減らしたりする第一歩になる」と話しています。
 研究チーム4日、成果をアメリカの科学誌電子版に発表しました。

 2018年10月5日(金)
nice!(0)  コメント(0) 

■ノーベル受賞でがん免疫薬への問い合わせ多数 注意が必要な免疫治療も [健康ダイジェスト]





 今年のノーベル医学・生理学賞に京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏が選ばれた後、病院のがん相談窓口などには受賞理由となったがんの治療薬を使いたいという問い合わせが多くなっていて、スタッフは、保険診療となるのは胃がんや肺がんなど特定のがんのうち、一定の条件の患者に限られることなどを説明しています。
 全国にあるがんの拠点病院には、患者や家族から治療などの相談に応じる窓口が設けられています。このうち東京都中央区の国立がん研究センター中央病院の相談窓口では、ノーベル医学・生理学賞の発表があった10月1日以降、寄せられる相談の8割以上が本庶氏の受賞理由となったがんの治療薬「オプジーボ」に関するものだということです。
 その多くは、がん患者が「自分もオプジーボを使いたいがどうすればよいか」というもので、スタッフは、がんの状態などを聞き取りながら、「オプジーボの投与で保険診療となるのは、皮膚がんのうちの悪性黒色腫のほか、胃がんや肺がんの一種など特定のがんの一部で、さらに手術ができず、再発した患者などに限られる」と説明していました。
 また、医療機関の中には、有効性が科学的に証明されていない免疫治療を行っているところもあり、相談窓口では、標準的な治療の選択肢がなくなり自由診療の免疫療法を検討する時は、公的制度に基づく臨床試験などを熟知したがん拠点病院の医師にセカンドオピニオンを求めるよう呼び掛けています。
 国立がん研究センターがん対策情報センターの若尾文彦センター長は、「オプジーボにも副作用の恐れはあるほか、効果が出るのは投与した患者の2割から3割で、誰にでも効果があるものではない。治療法の選択は、信頼できるがんの専門医とよく相談することが重要だ」と話していました。
 オプジーボを投与する際に保険診療として認められるのは、皮膚がんのうち悪性黒色腫の患者、肺がんのうち非小細胞肺がんで手術することができず、進行性で再発した患者、腎臓がんのうち腎細胞がんで手術することができないか、転移した患者、悪性リンパ腫のうち古典的ホジキンリンパ腫で、難治性か再発した患者、咽頭がんや舌がんなどの頭けい部がんで、再発したかほかの臓器に転移した患者、胃がんで化学療法を受けた後に悪化し、手術が難しく進行性で再発した患者、胸膜や腹膜にできるがんのうち悪性胸膜中皮腫で抗がん剤などの化学療法を受けた後に悪化し、手術が難しく進行性で再発した患者です。
 また、薬の添付文書で、この薬の成分で過敏症を経験した人は投与できないとされ、ほかにも自己免疫疾患がある人や高齢の人などでは慎重に使う必要があるとされています。
 このようながんの免疫治療の薬は今年3月の時点で10種類あまりあり、いずれもがんの種類や患者の状態によって保険診療の対象が決められています。
 さらに、医療機関の中には有効性が科学的に証明されていない免疫療法を行っているところもあるとしており、相談窓口では、標準的な治療の選択肢がなくなり、保険が適用されない自由診療の免疫治療を検討する時は、公的制度に基づく臨床試験などを熟知した医師ががん拠点病院などにいるので、まずは相談してほしいとしています。

 2018年10月5日(金)
nice!(3)  コメント(0)