So-net無料ブログ作成

■全国の健康保険組合、がんや糖尿病重視し歯科後回し 東大が調査 [健康ダイジェスト]





 全国の健康保険組合が、がんや糖尿病など中高年に多い病気の対策を優先させる一方、歯科を重く見ているのは1割未満との調査結果を東京大学の研究ユニットがまとめました。歯科を重視すれば医療費全体の削減が見込まれますが、現実には後回しになっている実態が浮かび上がりました。
 東京大学政策ビジョン研究センター・データヘルス研究ユニットが、健康保険組合のデータを集めた「データヘルス・ポータルサイト」にある「健康保険組合連合会」(健保連、約3000万人)の情報を基に分析。2016年度の1363組合を調べたところ、がんの医療費抑制を重視していたのは513組合、糖尿病なども529組合だった一方で、歯科は128組合にとどまりました。
 健保連によると、歯科の1人当たりの医療費は年間約1万7000円で、がんの約1万6000円や糖尿病の1万3000円より高くなっています。ブラッシングの徹底などの予防策を取れば、加入者自身が健康になる上、医療費全体の抑制にもつながるといいます。
 研究ユニットの古井祐司・特任教授は、「中高年に多い生活習慣病にばかり目が向いている実態がわかった。予防可能な歯の対策にも取り組むべきだ」と話しています。

 2018年11月11日(日)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■風邪に効かない抗菌薬、半数が効くと誤認 国際医療研究センター病院が調査 [健康ダイジェスト]





 風邪で医療機関を受診した際、本来は効果がない抗生物質などの抗菌薬を処方してほしいと考える人は約30%いるという調査結果がまとまりました。
 抗菌薬の不適切な使用は薬が効かない「耐性菌」を増やすことにつながり、専門家は「正しい知識を普及していく必要がある」と話しています。
 抗菌薬は肺炎などを引き起こす細菌が原因の病気には、細菌を壊したり増えるのを抑えたりして効果がある一方で、風邪やインフルエンザなどウイルスが原因の病気には効かないことがわかっていますが、風邪に処方されるケースがあり、薬が効かない耐性菌を増やすことにつながっていると指摘されています。
 国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)は、8~9月にインターネットを利用して、全国の10歳代から60歳代までの一般の男女721人に対して、抗菌薬に対するアンケート調査を行いました。
 その結果、「抗菌薬がどのような病気に有用か」という質問に対して、「風邪」と答えた人が49・9%、「インフルエンザ」と答えた人は49・2%と、ほぼ半数の人が誤って認識していることが判明しました。
 また、「風邪で受診した時に処方してほしい薬」を複数回答で質問すると、せき止め62%、解熱剤60%など症状を和らげる薬が多い一方で、30・1%の人が「抗菌薬」と答えました。
 調査を行った国立国際医療研究センター病院の具芳明医師は、「患者が強く希望すると医師も処方せざるを得ない場合があり、一般の人にも正しい知識を普及していく必要がある」と話しています。

 2018年11月11日(日)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■コンゴのエボラ出血熱、過去最悪の事態に 319人が感染、うち198人が死亡 [健康ダイジェスト]





 エボラ出血熱が流行しているアフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)で、感染が確認された人が300人を超え、政府は1976年に最初の流行が起きて以来、最悪の事態になっていると発表しました。
 コンゴ民主共和国のカレンガ保健相は9日、声明を出し、北東部の北キブ州やイトゥリ州などで今年8月1日以降続いているエボラ出血熱の流行で感染が確認された人が319人になり、198人が死亡したと発表しました。
 コンゴ民主共和国では、1976年以来、これまでに9回の流行が起きていますが、今回、感染が確認された人の数は、これまでで最も多かった最初の流行を超え、過去最悪の事態になったということです。
 今回、感染が流行している北東部は鉱物資源の産地として知られ、中央政府の統治が及ばない中で多くの武装グループが資源の利権を奪い合い、深刻な紛争が続いています。
 国連は、世界最大規模の平和維持活動(PKO)の部隊を送り込んでいるものの情勢は安定せず、戦闘に阻まれて医療関係者が十分に活動できない中でエボラ出血熱の感染が広がっています。
 カレンガ保健相は、声明の中で「今回の流行ほど複雑な状況はない。地元の住民と政府、それに国際社会の連携が欠かせない」と訴えています。
 エボラ出血熱は、感染した人間の血液や分泌物、嘔吐(おうと)物などに含まれるエボラウイルスが体内に侵入することで感染します。1976年に初めて感染が確認され、2014~16年の流行時には西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国を中心に1万人以上が死亡しました。

 2018年11月11日(日)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康