So-net無料ブログ作成

■死亡ドナーからの子宮移植で世界初出産 ブラジルの32歳女性 [健康ダイジェスト]





 ブラジルで、亡くなった人から子宮の提供を受けた女性が健康な赤ちゃんを産んでいたことが明らかになりました。死亡したドナーから移植された子宮での出産は世界で初めて。
 移植手術を実施したブラジルのサンパウロ大学の研究チームは、子宮の問題で子供を産めない女性にとって新たな選択肢になるとしています。成果は5日、イギリスの医学専門誌「ランセット」で発表されました。
 移植手術が行われたのは2016年9月。くも膜下出血で脳死状態になった45歳の女性から摘出した子宮を、生まれ付き子宮がないロキタンスキー症候群の32歳の女性に移植しました。その後、体外受精で準備していた受精卵を着床させ2017年12月、女性は帝王切開で女児を出産したといいます。
 最近まで、子宮の問題で妊娠できない女性が子供を持つ方法は、養子縁組か代理出産しかありませんでした。今回の手術は、亡くなったドナーからの子宮移植で出産できることを示す画期的な成果で
す。
 生体ドナーから子宮を提供されて出産に至った例は、2013年にスウェーデンで初めて成功して以降、これまでに計11件あります。しかし、子宮の移植を必要とする女性は生体ドナーの候補よりもはるかに多いため、医師は死亡した女性の子宮の移植がうまくいくかどうかに関心を寄せていました。
 死亡した女性からの子宮移植はアメリカやチェコ、トルコで計10人に行われましたが、どれもうまくいかなかったとされます
 サンパウロ大教育病院のダニ・エイゼンバーグ医師は、今回の成果について「子宮が原因の不妊に悩む女性にとって、実際に取り得る新たな選択肢が生まれた」と説明。「医療の歴史での画期的な出来事」だとし、「死亡時の臓器提供の意思を示している人は生体ドナーよりもずっと多いため、潜在的なドナー人口が大きく広がったことになる」と述べています。
 日本国内では慶応大学が親族間の子宮移植の臨床研究を計画していますが、倫理面の問題もあり、関連学会が指針作りを始めています。日本の臓器移植法は、脳死を含めた死者からの子宮の提供は認めていません。

 2018年12月5日(水)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■武田薬品、シャイアー買収を承認 臨時株主総会を開催 [健康ダイジェスト]





 武田薬品工業は5日、大阪市内で臨時株主総会を開き、アイルランド製薬大手シャイアーの買収について、株主の承認を得ました。創業家の一部が反対していたものの、株主の過半を占める機関投資家が賛成し、株主全体の3分の2以上の同意を得ました。
 2019年1月にも7兆円弱を投じる巨額買収が成立し、売上高世界トップ10に入る巨大製薬会社が始動します。シャイアーがアイルランドの首都ダブリンで日本時間5日夜に開く総会で同意が決まれば、具体的な買収手続きに入ります。日本企業による海外企業の買収としては過去最大のものになります。
 武田の臨時総会は5日午前10時にコンベンションセンター・インテックス大阪で始まり、約850人が参加しました。2時間半かけて買収の是非を議論し、行使された議決権のうち90%近くが同意となったもよう。
 クリストフ・ウェバー社長は、臨時株主総会の冒頭で買収の意義を説明。「年間4000億円以上の研究開発投資が可能になる。世界でも競争力のある水準だ」と述べ、新薬の研究開発や営業面でも規模の拡大がメリットをもたらすと強調しました。
 質疑応答に先立ち、事前に株主から受けた質問に対する回答が発表されました。有利子負債の削減計画に関連し、買収から3年後には統合によるコスト圧縮効果が年14億ドル(約1600億円)に達することや、非中核資産の売却を進めることを説明しました。
 会場からは巨額買収の効果や世界市場における武田の立場を問う質問が相次ぎ、ウェバー社長は「日本市場は縮小しており、世界的な存在感がないと研究開発で勝てない。日本のグローバル企業になる」と回答しました。
 武田薬品は5月、シャイアーに約460億ポンド(約6兆6000億円)での買収を提案。買収の対価は現金約3兆円と4兆円相当の新株で賄う計画で、臨時株主総会には新株発行を取締役会に委託する議案を提案しました。すでにアメリカやヨーロッパ、日本、中国の主要市場の当局から独占禁止法上問題ないとする承認を取得済み。
 武田薬品の株主構成は機関投資家が計66%で過半を占めます。武田薬品のOBらでつくる「武田薬品の将来を考える会」や、武田薬品の社長、会長を務めた武田国男氏が反対を表明していましたが、機関投資家が賛成したことで買収が認められました。実現すれば単純合算で連結売上高が3兆5000億円の企業となります。

 2018年12月5日(水)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康