So-net無料ブログ作成

☐用語 アミロイド腎症 [用語(あ行)]


[病院]異常な蛋白が腎臓に沈着し、腎臓の機能障害が生じる疾患
 アミロイド腎症(じんしょう)とは、ナイロンに似たアミロイド線維蛋白(たんぱく)と呼ばれる異常な蛋白が腎臓に沈着することが原因で、腎臓の機能障害が生じる疾患。
 アミロイド線維蛋白は腎臓、心臓、肝臓、脳、消化管のどこかに限局して沈着するほか、全身に沈着して臓器の機能障害を起こすことがあります。前者を限局性アミロイドーシス、後者を全身性アミロイドーシスといいます。
 アミロイド腎症は通常、全身性アミロイドーシスの一部分症として発症し、何らかの原因によりアミロイド線維蛋白が腎臓の糸球体や尿細管、間質に沈着することが原因で、腎臓の機能が低下します。特に糸球体への沈着により、ネフローゼ症候群を起こした場合は、予後が不良です。
 アミロイドが沈着する腎臓の部位により、症状は異なります。一般的な症状としては、全身衰弱、体重減少、貧血、浮腫(ふしゅ)などがあります。特に糸球体に沈着した場合は、高度のネフローゼ症候群を呈することが多く、浮腫が認められます。
 アミロイド線維蛋白にはいくつかの種類があり、アミロイド腎症を生じる頻度が高いアミロイド線維蛋白は、多発性骨髄腫に合併するALアミロイドーシス、原発性のALアミロイドーシス、慢性炎症に合併する反応性AAアミロイドーシス、免疫グロブリン性ALアミロイドーシスです。
 全身性アミロイドーシスになると、倦怠(けんたい)感、むくみ、蛋白尿、貧血、低蛋白血症、巨舌がみられます。腎不全、心不全、または感染症を併発すると、死に至ることがあります。
 遺伝性のもの、原因不明のもの、多発性骨髄腫や膠原(こうげん)病、がん、腎不全による長期透析に伴って起こるものがありますが、免疫グロブリンなどの原因となる蛋白質からアミロイド線維蛋白が過剰に体内でつくられ、沈着する仕組みは不明です。
[病院]アミロイド腎症の検査と診断と治療
 内科、消化器科、消化器内科の医師による診断では、症状や一般的な検査において、アミロイドーシスが疑われた場合は、上部消化管(胃・十二指腸)あるいは直腸の生検を行い、組織検査をします。
 蛋白尿を認める場合は、アミロイド腎症を疑い、腎生検を行います。腎生検では、組織に特殊な染色を行い、アミロイド線維蛋白の沈着を証明していきます。同時に、特異抗体を用いた免疫組織化学染色という方法で、沈着しているアミロイド線維蛋白の種類を決めていきます。
 多くはネフローゼ症候群を呈する持続性蛋白尿が認められる場合は、腎臓の機能がすでに低下していることもあり、腎生検では糸球体や尿細管、間質に構造物のない結節性の病変を認めます。
 内科、消化器科、消化器内科の医師による治療では、腎臓にできたアミロイド線維蛋白は溶けにくい性質であるため、いったん沈着したら除去することは非常に困難で、それぞれの症状に対しての対処療法が主体となります、現時点で根治治療がないため、対症療法が主体です。
 ネフローゼ症候群だけでなく、腎臓の機能も低下し、透析治療が必要になり、腎予後は極めて不良です。
 また、生命予後も不良といわれていますが、早期発見により、慢性炎症に合併する反応性AAアミロイドーシスでは、新たなアミロイド線維蛋白の産生を抑制するために、原因となる関節リウマチなどの基礎疾患の治療をすることにより改善を期待できるともいわれています。最近は、末梢(まっしょう)血幹細胞移植(PBSCT)を用いた大量化学療法の有効性も報告されています。
 すでにほかの臓器に全身性アミロイドーシスの症状が出ていて、さらに腎臓にも症状が出ている場合は、治療に長い時間がかかります。全身性で進行が極めて速い場合は、命にかかわるような危険性もあります。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■眼鏡で初の定額制、月2100円で掛け替え可能 メガネの田中が全国116店に導入 [健康ダイジェスト]


 メガネの田中(広島市中区)は4月1日から、毎月一定の料金を払うことで眼鏡を掛け替えられる定額制サービスを始めます。洋服などさまざまな業界で「サブスクリプション」(定額制)サービスが広がる中、眼鏡チェーンでは全国初の取り組みで、新規需要の開拓を狙います。
 定額制サービスは「なりたい自分になる」という考え方から「ニナル」と名付け、同社が全国14都府県に展開する116店で導入。利用者は月額2100円(税抜き)で、数百種類の中から眼鏡かサングラスを1本選べます。3年間の契約期間中、フレーム3本、レンズ3組をそれぞれ、いつでも交換できるといいます。
 対象のフレームは、高価格帯とされる3万円台を中心にそろえ、毎回新品を用意します。レンズも交換の度に視力を合わせます。子供向けに月額1800円(税抜き)で、視力の変化や体の成長に合わせてフレームやレンズの交換が無制限のサービスも同時に開始します。
 メガネの田中の調査では、眼鏡を選ぶ際に色やデザイン、形にこだわりたい人が多いものの、実際の購入時は無難なデザインや従来と同じタイプを選ぶ人が多いといいます。担当者は、「今までにないデザインの眼鏡を選び、新年度の学校や職場を新たなイメージで迎えてほしい」とPRしています。

 2019年1月6日(日)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■見付けにくいがんを血液や尿で早期発見 検査技術の開発が相次ぐ [健康ダイジェスト]


 早期に発見することが難しい膵臓(すいぞう)がんや腎臓(じんぞう)がんを、血液や尿で調べる技術開発が相次いでいます。千葉県がんセンターは尿から膵臓がんの目印を見付ける技術を開発し、大阪大学は血液中の4種類の物質をもとに、85%の精度で膵臓がんの患者を見分ける手法を作りました。
 また、がん研究会と大阪大学は、腎臓がんの検査の目印を見付けました。それぞれ健康診断などの簡易検査で実用化できれば、早期治療や生存率向上につながります。
 膵臓がんは発見しにくく、6割以上の5年生存率を見込める「ステージ1」などの早期に見付かる患者は1割という報告があります。腎臓がんも血液検査での目印がなく、8割が別目的の検査で見付かっており、がんが大きくならないと自覚症状がありません。
 磁気共鳴画像装置(MRI)など高価な装置で調べる方法もありますが利用が限られ、安く簡便な検査法が求められています。
 千葉県がんセンター外科の星野敢主任医長と石毛文隆医長は、がんから尿へ出るRNA(リボ核酸)の一種を目印に、膵臓がんを見付ける技術を開発しました。13人の患者と30人の健康な人を対象にした実験では、7割強の精度で患者を見分けることができました。
 実用化には9割の精度が必要とみており、複数の目印を組み合わせるなどの改良を行い。企業に働き掛けて実用化を目指すといいます。
 大阪大学の土岐祐一郎教授と秋田裕史助教は、血液中の4種類の脂質から膵臓がんを調べる手法を開発しました。116人の患者と138人の健康な人で試すと、患者を見分ける精度は85%でした。秋田助教は、「精度は有望な水準にある。より多くの症例で確かめたい」と話しています。
 がん研究会の植田幸嗣プロジェクトリーダーと大阪大学は、がんが血液中へ出す微粒子に着目。その表面にある分子の「AZU1」を目印に、腎臓がんを見付ける手法を作り、初期のがんの患者でも半数以上を検出できました。東ソーが診断装置を作製しており、1~2年後の臨床試験(治験)を目指しています。
 血液や尿からがんを早期に見付ける検査技術の開発には、島津製作所や日立製作所などの企業が積極的に取り組んでいますが、乳がんや大腸がんなど患者数が多いがんが中心です。

 2019年1月6日(日)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康