So-net無料ブログ作成

■厚労省、ゲノム編集を使った遺伝子治療を4月解禁へ 遺伝病やがんの克服に期待 [健康ダイジェスト]





 厚生労働省は、遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」技術を使った治療の臨床研究を4月に解禁します。16日、遺伝子治療の臨床研究指針の改正案を了承しました。海外では遺伝性難病やがんを対象に臨床研究が進められており、日本でも始まることになります。
 遺伝子治療は、病気の原因となる遺伝子を破壊したり、正しい遺伝子と入れ替えたりすることで病気を治療する方法。これまでの治療では、遺伝子が目的の場所に入らないことがありました。ゲノム編集を使えば狙った場所に遺伝子を入れたり改変したりすることができ、副作用が少なく効果的な治療になると期待されます。
 臨床研究指針の改正案では、遺伝子治療の臨床研究に関する従来の指針を見直し、患者の体内でゲノム編集を使った治療ができるようにします。研究機関には、ゲノム編集に使うタンパク質や核酸などの情報の提供を求めます。患者を治療する場合は、研究実施機関と国の2段階で安全性や効果などを審査しますが、人の受精卵や生殖細胞の遺伝子を改変する研究は禁止します。
 ゲノム編集を使った遺伝子治療は、海外ではすでに臨床試験が始まっています。アメリカでは、遺伝性難病である「ムコ多糖症2型」などで進んでいます。中国では、がん患者を対象に開始されています。
 日本では、マウスなどの動物を使った実験にとどまっていました。今後、自治医科大学は血友病の治療にゲノム編集を使います。京都大学などは、筋肉の機能が衰える「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」の原因となる遺伝子のゲノム編集による治療に向けた研究を進めます。

 2019年1月21日(月)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■世界初のゲノム編集の双子、中国調査チームが事実認定 別の1人が妊娠中 [健康ダイジェスト]





 中国広東省の南方科技大学の賀建奎副教授が昨年11月、遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」技術を使い、エイズウイルス(HIV)に感染しないよう受精卵を操作して双子を誕生させたと主張した問題に関し、地元広東省の調査チームは賀氏の主張は事実だと認定しました。
 動機については、「自分の名誉と利益を追い求めるため、国が禁止する生殖目的のゲノム編集を行った」としています。国営新華社通信が21日に伝えました。ゲノム編集によって子供が生まれたのは世界で初めて。
 賀氏は昨年11月、香港大で開かれた国際会議で、ゲノム編集を経た双子の誕生を発表しました。しかし、根拠となる具体的な情報を明らかにしなかったため、「真偽不明」として国内外で疑問視されていました。
 広東省の調査チームが事実だと認定したことで、今後、倫理面や安全性に問題があるとする批判が、さらに高まりそうです。
 南方科技大は21日、広東省の調査結果を踏まえ賀氏を解雇することを決めたと発表しました。
 調査チームによると、賀氏は2017年3月から2018年11月にかけて、偽造した倫理審査文書を使って、夫がHIVに感染した8組の夫婦(1組は途中で辞退)を募り実験を行いました。このうち2人が妊娠し、1人が双子の女の子を出産。もう1人は妊娠中だといいます。
 賀氏は2016年6月からひそかに外国人を含むチームを組織したとしていますが、かかわった個人や組織、資金源などは明らかではありません。 

 2019年1月21日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■今年のスギ花粉、例年より飛散量が多い見込み 日本気象協会が予測発表 [健康ダイジェスト]





 日本気象協会(東京都豊島区)は21日までに、今春の花粉(スギ・ヒノキ)の飛散量の予測を発表しました。スギ花粉の飛散量は全国的に例年より飛散量が多くなるとみられ、中国地方は例年に比べて多く、東北地方から近畿地方はやや多く、九州地方は例年並みか多め、四国地方は例年並み。
 北海道のシラカバ花粉は例年を下回り、東京都心のスギ花粉は2月中旬に飛び始め、3月上旬から4月中旬までの長期間にわたって大量飛散が続くとしています。
 スギ花粉の飛散開始は、東日本と西日本で例年より遅くなる見通し。九州地方や四国地方、東海地方、関東地方の太平洋側では、2月中旬に飛散が始まるとみられるといいます。中国地方や近畿地方、北陸地方で2月下旬、東北地方南部で3月上旬、東北地方北部で3月中旬に飛散が始まるとみられるといいます。
 また、スギ花粉の飛散量がピークを迎える時期は、気温予想などから各地で例年並みか少し早まる見通し。福岡市で2月下旬から3月上旬、広島市や大阪市で3月上旬、高松市や名古屋市で3月上旬から中旬、金沢市や仙台市で3月中旬から下旬にピークを迎えるといいます。
 スギ花粉の飛散が落ち着くと、ヒノキ花粉が飛び始めます。ヒノキ花粉の飛散のピークは、スギ花粉のピークから約1カ月後になる見込み。ヒノキは花芽の生育がそれほど進んでいないとみられ、昨春に限定して比べると全国的に飛散量は減るとみられます。

 2019年1月21日(月)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■男性の国内最高齢は111歳の渡辺智哲さん 新潟県上越市在住 [健康ダイジェスト]





 イギリスのギネスワールドレコーズ社から存命中の「世界最高齢の男性」として認定されていた北海道足寄(あしょろ)町の野中正造(まさぞう)さんが20日に113歳で死去したため、国内の男性の最高齢者は新潟県上越市に住む111歳の渡辺智哲(ちてつ)さんとなることが21日、わかりました。
 厚生労働省によると、渡辺さんは1907年(明治40年)3月5日生まれ。渡辺さんが入所している施設「保倉の里」によりますと、渡辺さんは職員から国内最高齢の男性になったことを伝えられると、笑顔で、「健康がまず第一。後10年生きていきたい。おいしい物を何でもいいから食べていきたい」などと話したということです。
 渡辺さんは上越市浦川原区の出身。台湾で働き、戦後に家族と地元へ戻って定年まで公務員として市内で働きました。
 厚労省によりますと、国内の女性の最高齢者は1903年(明治36年)1月2日生まれで、今月116歳の誕生日を迎えた福岡市の田中カ子(かね)さんだということです。

 2019年1月21日(月)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康