So-net無料ブログ作成

■マダニ媒介の感染症、東京都内で初の患者 長崎県を旅行後に発症 [健康ダイジェスト]




 
 東京都内の50歳代の男性が旅行で長崎県を訪れた後、マダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」と呼ばれる感染症を発症したことがわかりました。SFTSは西日本を中心に感染が確認されていますが、東京都内での患者の確認は初めてです。
 SFTSは、主に原因となるウイルスを持つマダニにかまれることで感染し、発熱や下痢などの症状が出て、重症の場合は死亡することもあります。
 東京都によりますと、今月1日から5日間、旅行で長崎県を訪れた東京都内の50歳代の男性が、発熱や下痢などの症状を訴えて都内の医療機関を受診し、14日、SFTSの発症が確認されたということです。
 この男性は、現在も入院中で重症だということです。
 マダニは草むらややぶに多く生息し、活動が春から秋にかけて活発になるということです。
 東京都は草むらなどに入る場合に長袖や長ズボンを着用することや、マダニにかまれた場合は医療機関をすぐに受診することを呼び掛けています。
 SFTSはこれまで西日本を中心に23府県で患者が報告されており、全国では4月末現在、約6年間で計404人の患者が報告されています。致死率は約20%で、全国404人の患者のうち、65人が死亡しました。近年は、SFTSに感染した犬や猫と接触して感染した例も報告されています。

 2019年5月15日(水)
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

■白血病新薬「キムリア」を保険適用 1回当たりの価格は3349万円 [健康ダイジェスト]




 
 1回の投薬で3349万円もする白血病治療薬が、公的な医療保険でカバーされるようになります。厚生労働省は15日、白血病など血液のがんで高い治療効果が見込まれる「キムリア」の保険適用を決めました。
 厚労省が同日開いた中央社会保険医療協議会(中医協)で、キムリアの公定価格(薬価)を3349万円にする案を示し、承認されました。22日から保険適用します。
 キムリアは、スイス製薬大手ノバルティスが開発しました。CAR-T(カーティー)と呼ばれる新たながん治療法の薬です。がん患者の体内からT細胞と呼ばれる免疫細胞を取り出し、がん細胞に攻撃する力を高める遺伝子を組み込んで体内に戻します。国内では初の保険適用になりますが、海外でアメリカやヨーロッパ、カナダ、スイスなどで製造・販売の承認を得ています。
 治療対象は、白血病の患者で抗がん剤が効かなかった25歳以下の人などに限定し、年間200人余りと見込まれます。市場規模は72億円。
 投与は1回ですみ、ノバルティスの試験では、若年の白血病患者で8割に治療効果がみられました。
 超高額薬でも患者の負担は抑えられそうです。公的医療保険は患者の窓口負担が現役世代で3割で、これに加え医療費の負担が重くなりすぎないよう1カ月当たりの自己負担の上限を定めた高額療養費制度があります。
 例えば、年収が約500万円の人がキムリアを使った場合、40万円程度の負担ですみます。大部分は税金と社会保険料で賄い、患者が加入する健康保険組合の負担は大きくなります。
 キムリアはアメリカでは約5200万円の価格がつき、日本国内の薬価に注目が集まっていました。アメリカでは、効き目に応じて患者から支払いを受ける成功報酬型が採用されています。日本では、効果の有無に関係なく保険適用されるため、薬価を抑えることができたようです。
 医療の進歩に伴い、治療費が高額になるケースは増えています。健康保険組合連合会によると、2017年度に1カ月の医療費が1000万円以上かかった件数は532件で、5年前に比べ2倍に増えました。
 近年、抗がん剤のオプジーボやC型肝炎薬のソバルディやハーボニーなど高額な薬が相次ぎ登場した影響とみられます。高額療養費の支給総額は2016年度で2兆5579億円となっており、保険財政を圧迫するとの懸念も根強くあります。
 ただ、薬価の過度な引き下げは製薬会社の開発意欲をそぐといった問題があります。フランスでは、抗がん剤など代替性のない高額医薬品の自己負担はない一方、薬によって全額自己負担を求めるなど区別しています。日本でも市販品で代替できる医薬品を公的保険から外すなど制度の見直しが必要になりそうです。

 2019年5月15日(水)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■寄生虫でダイエット効果、世界初証明 国立感染症研究所と群馬大 [健康ダイジェスト]




 
 国立感染症研究所と群馬大学の研究チームは、マウスを使った実験で、特定の寄生虫に感染させると脂肪が燃焼されてやせやすい体になることを世界で初めて証明しました。研究チームは「肥満を抑制できる薬などの開発につなげたい」として、詳しいメカニズムの解明を進めていくことにしています。
 研究を行ったのは、国立感染症研究所と群馬大学大学院医学系研究科のチームです。
 実験では、脂肪分が多い餌を与えて太らせたマウスに「腸管寄生蠕虫(ぜんちゅう)」と呼ばれる、体に害がない複数の寄生虫を感染させ、細胞や血液の変化を調べました。
 その結果、寄生虫に感染したマウスは、感染していないマウスと比べて同じ量の餌を食べていても、体重の増加が抑えられた上、血液中の中性脂肪が低下することがわかりました。
 研究チームの分析によりますと、寄生虫は「腸内細菌」を増やし、この細菌が作用してエネルギーの代謝を高める特定のタンパク質を増加させたことがわかり、脂肪を燃焼しやすい体になっていたということです。
 また、寄生虫に感染しても健康に変化はなかったということです。
 研究チームの国立感染症研究所の久枝一部長は、「寄生虫によってやせるという話は昔からあったが、その効果が世界で初めて科学的に証明された。今後は、さらに詳しいメカニズムを解明し、肥満を抑制できる健康食品や薬などの開発につなげていきたい」としています。
 研究成果は9日、アメリカの科学雑誌「インフェクション・アンド・イミュニティー」(電子版)に掲載されました。

 2019年5月15日(水)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康