So-net無料ブログ作成

■子宮頸がんの前段階、薬で治療する臨床試験 京都大が開始 [健康ダイジェスト]





 子宮頸(けい)がんは主にウイルスが原因で発症しますが、京都大学の研究チームがこのウイルスの増殖を抑える新たな物質を開発し、新薬として国の承認を受けるための臨床試験(治験)を始めたと発表しました。今後、1年余りかけて安全性や効果を検証するというこで、治験が順調に進めば、3年後の製品化を目指します。
 これは京都大学医学部附属病院の濱西潤三講師と、京都大学医学部の萩原正敏教授らの研究チームが会見を開いて明らかにしました。
 子宮頸がんは、主に「ヒトパピローマウイルス」と呼ばれるウイルスに感染して起きるがんで、子宮の摘出手術が必要になるケースも少なくありません。
 今回、治験に使われるのは研究チームが15年前に別の病気の研究のため合成した物質で、これまでの研究からヒトパピローマウイルスの増殖を抑え、子宮頸がんの発症を防ぐ効果が期待できるということです。
 治験はすでに今年4月から始まっており、ウイルスに感染し、子宮頸がんにつながる前段階の「前がん病変」の症状が出ている患者など22人を対象に2週間、膣(ちつ)に入れて使う錠剤を投与した上で、安全性や効果を検証するということです。
 京都大学医学部の萩原教授は、「子宮頸がんは、がんにつながる症状が見付かっても手術以外に治療法がないのが現状だ。この前段階でも治療できる薬を開発することで、子宮頸がんで亡くなる女性をゼロにしたい」と話しています。
 子宮頸がんは国内では年間約1万人がかかり、3000人が亡くなっている病気で、近年は30歳代から40歳代の女性を中心に患者が急増しているのが現状です。研究チームによると、前がん病変には年間約15万人がなるといいます。
 子宮頸がんの主な原因はヒトパピローマウイルスで、性交渉によってこのウイルスに感染すると一部の人で子宮の入り口に腫瘍(しゅよう)ができ、子宮頸がんにつながります。
 子宮頸がんの予防にはワクチンがありますが、国内では副作用の指摘があったことから5年前から厚生労働省がワクチン接種の積極的な呼び掛けを中止しており、接種率は3年前の統計では0・3%にとどまっています。
 こうしたことから厚生労働省は定期的にがん検診を受けて早期の発見を心掛けてほしいと呼び掛けています。
 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染し、ウイルスが体内で増殖する際に作り出される特殊なタンパク質が主な原因とされています。
 今回、開発された物質は、人の細胞に含まれている酵素に働き掛け、ウイルスが増殖し、がんの原因となるタンパク質が作り出されるのを抑制する効果があるということで、治験に先立って行われた動物実験などでは高い効果がみられたということです。

 2019年6月7日(金)
nice!(2)  コメント(0) 

■日清食品、冷凍炒飯1万9000個を自主回収 プラスチック片混入 [健康ダイジェスト]





 日清食品ホールディングスは7日、冷凍炒飯に複数のプラスチック片が混入していたとして、約1万9000個を自主回収すると発表しました。
 回収の対象となるのは、「日清食品冷凍」が、三重県名張市の工場で今年4月25日に製造し、中部や近畿、中国、四国、沖縄地方に出荷された「冷凍 日清チキンラーメン 金の炒飯(チャーハン)」計1万9032個。
 購入客から3日に「異物混入」の指摘を受けて商品の中身を検査したところ、赤いプラスチック片が複数入っていることが判明。復元したところ、直径1・5センチ大の円形で一部が欠けていたといいます。
 現在、混入経路の特定を急ぐとともに、2020年4月25日が賞味期限の商品を回収することにしました。健康への被害は報告されていないといいます。
 手元に商品がある場合、下記宛てに料金着払いの冷凍便で送ると、後日、商品代金に相当するクオカードが送付されます。
 日清食品冷凍「受付センター」宛 フリーコール:0120・917・056 受付時間:平日午前9時〜午後5時半(8日、9日は受付可)
 〒144-0042 東京都大田区羽田旭町11−1 ヤマト運輸南東京法人営業支店内 「日清食品冷凍特設お客様対応窓口」宛

 2019年6月7日(金)
nice!(0)  コメント(0) 

■人体に取り込むマイクロプラスチック、年間12万個超 カナダで研究 [健康ダイジェスト]





 人が飲食や呼吸を通じて体内に取り込むマイクロプラスチック(プラスチック微粒子)の量は、最大で年間12万1000個に上るとする研究結果が5日、発表されました。プラスチックごみが人体に直接どのような影響を及ぼし得るのか、改めて懸念される内容です。
 マイクロプラスチックは合成繊維やタイヤ、コンタクトレンズなどの製品が分解された際にも生じる極小プラスチック片で、深海から高山の氷河まで、今や世界で最も普遍的に存在する物質の一つと化しています。
 これまでの研究では、食物連鎖にマイクロプラスチックが侵入する過程が明らかになっており、主要ブランドのボトル入り飲料水のほぼすべてにマイクロプラスチックが混入していることも昨年、判明しました。
 今回、カナダの研究チームはマイクロプラスチック汚染に関する数百件のデータを分析し、アメリカ人の一般的な食生活や消費習慣と比較。成人男性の場合、1年間に1人当たり最大5万2000個のマイクロプラスチックを体内に取り込んでいるとの試算を導き出しました。
 呼吸の際に空気中に漂うマイクロプラスチックを吸い込んでいる点を考慮すると、体内に取り込まれる量は年間12万1000個に上り、1日当たり320個を超えることもわかりました。
 また、ボトル入り飲料水のみを飲んでいる人は、年間で9万個多くマイクロプラスチックを取り込んでいる恐れがあるといいます。
 ただし研究チームは、アメリカの学術誌「エンバイロメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジー」に掲載された論文の中で、これらは試算値である点を強調し、個人が取り込むマイクロプラスチック量は居住環境や食生活に大きく左右されると述べています。
 また、取り込んだマイクロプラスチックが人体に及ぼす影響も、まだ理解が十分進んでいない分野だと研究チームは指摘。その上で、直径130ミクロン未満のマイクロプラスチックは「人の組織の内部に入り込み、局地的な免疫反応を引き起こす恐れがある」との見方を示し、「人が体内に取り込むマイクロプラスチック量を減らす最善策は、プラスチックの生産・使用量を減らすことだろう」と結論付けています。
 一方、今回の研究にはかかわっていないイギリスのイーストアングリア大学のアラステア・グラント教授(生態学)は、この研究で特定されたマイクロプラスチックが「人体の健康に著しい危険」をもたらす証拠はないと述べました。特に、空気中のマイクロプラスチックのうち1種は吸い込むには大きすぎるため、実際に肺まで達する量は言及されているよりずっと少ないだろうとしています。

 2019年6月7日(金)
nice!(2)  コメント(0)