So-net無料ブログ作成

■急発進防止装置、東京都が9割補助へ 高齢者の交通事故で対策 [健康ダイジェスト]




 
 高齢のドライバーによる交通事故が相次ぐ中、東京都は事故防止の緊急対策として、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置など、事故防止に効果的な装置を新たに取り付ける高齢者に補助を行う制度を設け、制度の開始から1年間は、費用の9割程度を補助することになりました。
 東京都の小池百合子知事が11日、都議会の定例会の代表質問で明らかにしました。
 この中で、小池知事は「現在多発している高齢者の交通事故には、高齢社会への対応やインフラの安全、先端技術をいかに活用できるかといった、現代の日本社会が抱えるさまざまな課題が複合的に絡み合っており、こうした問題を多角的に検証して、丁寧に手を打っていくことが求められている」と指摘しました。
 その上で、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置など、事故防止に効果的な装置を新たに取り付ける高齢者に補助を行う制度を設け、対策を早急に行ってもらうため、制度の開始から1年間は、費用の9割程度を補助することを明らかにしました。
 東京都によりますと、事故防止に効果的な装置やこうした装置を搭載した車の購入費用を補助する制度は各地の自治体で設けられていますが、9割程度の補助は異例だということです。
 高齢ドライバーの自己負担額については、3000円から9000円程度を見込んでいるということで、今後、対象年齢や補助を行う装置の選定、それに開始の時期などの詳細を詰めることにしています。
 また小池知事は、今回の補助制度以外にも、高齢者の運転免許証の自主返納を促すため、返納した高齢者に対する特典の拡充に向けて関係機関への働き掛けを強化することや、休日に高齢者の家族を対象にした相談会を新たに実施することも明らかにしました。

 2019年6月12日(水)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康