So-net無料ブログ作成

■レジ袋有料化、2020年4月から 経産相が廃プラ対策で明言 [健康ダイジェスト]




  
 世耕弘成経済産業相は15日、主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境相会合で、小売店などで配られるレジ袋について、2020年4月1日にも有料化を義務付ける方針を明らかにしました。政府として時期を明言したのは初めて。
 G20の主要テーマとなる海洋プラスチックごみ(廃プラ)対策の一環。消費者に身近なレジ袋を有料化することで、使い捨てプラスチックに対する意識の変化を促します。
 有料化するレジ袋の素材や範囲は、今後具体的に検討するとしました。レジ袋有料化を巡っては、政府が5月末にまとめたプラスチックの削減戦略に盛り込んでいたほか、原田義昭環境相が6月3日の記者会見で、レジ袋を使用する事業者を一律に対象とする方針を明らかにしています。
 国内のレジ袋は年間20万トン程度で、廃プラ全体の約2%とされます。世耕経産相は廃プラ対策は官民で取り組む地球規模の課題だと指摘した上で、「2020年東京オリンピック・パラリンピックに間に合う2020年4月にレジ袋有料化をできるようにしたい」と述べました。
 日本が議長を務めるG20エネルギー・環境相会合は15日、長野県軽井沢町で開幕しました。16日までの2日間で、国際的に問題になっている廃プラ対策の合意を目指します。火力発電で出た二酸化炭素を再利用する「カーボンリサイクル」や水素エネルギーなど、脱炭素に向けた技術革新の連携を探ります。
 原田環境相は会合で、「環境対策は企業にとってコストではなく、競争力の源泉だ。環境と成長の好循環を実現することが必要不可欠だ」と訴えました。初日となる15日は、廃プラ問題や水素などが主要議題になります。

 2019年6月15日(土)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■人工呼吸器を使う手術向けの鼻用フィルターに不具合 15万個を自主回収 [健康ダイジェスト]




  
 人工呼吸器を使った手術で使用する鼻用フィルターに不具合が生じ、患者が低酸素脳症になるケースがあったことから、販売会社が約15万7000個の商品を自主回収することになりました。
 自主回収となったのは、東京都新宿区の医療機器販売会社「フジメディカル」が、台湾から輸入して販売した「ベンタエイドF」と呼ばれる鼻用フィルターです。
 この鼻用フィルターは人工呼吸器を使った手術で、患者の体内に異物が入り込むのを防ぐためにチューブに取り付けるもので、厚生労働省によりますと、鼻用フィルターが塞がり、患者に十分な酸素が送れない不具合が生じたということです。
 患者は低酸素脳症となり、フジメディカルでは同様の不具合がほかでも起きる可能性が否定できないとして、自主回収することを決め、医薬品医療機器法に基づいて東京都に報告しました。
 鼻用フィルターは医療機関など98の施設に納入されていて、フジメディカルは2016年8月19日から2019年6月10日に出荷した約15万7000個を回収することにしています。

 2019年6月15日(土)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■加齢で減る血液中の酵素の注射で若返り マウスで成功、人にも期待 [健康ダイジェスト]




  
 加齢で減少する血液中のタンパク質の一種(酵素)を若いマウスからとり、老化したマウスに注射すると、身体活動が活発になり、寿命を延ばすことを日米研究チームが突き止めました。人でも、加齢でこの酵素が減ることを確認しており、健康寿命を延ばす抗老化法の開発につながる可能性があるといいます。
 14日、アメリカの医学誌「セル・メタボリズム」(電子版)に発表しました。加齢でさまざまな臓器の働きが衰え、病気の原因になる一因に、加齢で減る「NAD」という物質があります。NADは、体内の脂肪組織で作られ、血中を巡っているeNAMPTと呼ばれる酵素によって体内で合成されます。
 そこで、アメリカのワシントン大学や国立長寿医療研究センターなどの研究チームは、血液中のこの酵素を分析。6カ月と18カ月のマウスで調べると、オスで3割、メスで7割減ることがわかりました。老齢マウスでは、この酵素の量が多いほど、その時点から長く生存する傾向があることもわかりました。
 酵素の量が保たれるようにマウスを遺伝子操作すると、高齢でも身体活動のレベルが1年若くなりました。人でいえば、50歳代が20歳代に若返るようなものだといいます。睡眠の質、学習・記憶力、網膜の細胞の働きなども高く保たれていました。
 さらに、4~6カ月の若いマウスから、この酵素を含む成分を取り出し、26カ月のメスのマウス12匹に3カ月間与えると寿命が16%延びました。毛並みもよくなり、活発に動きました。健康寿命に相当するような「中間寿命」を延ばすことを確認しました。
 アメリカのワシントン大学教授で神戸医療産業都市推進機構先端医療研究センター客員上席研究員の今井真一郎
さん(老化学)は、「この酵素の働きは、抗老化法の手段になる可能性がある。人工合成の技術を確立したい」と話しています。

 2019年6月15日(土)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康