So-net無料ブログ作成

■手足口病が西日本で流行の兆し 1週間で8823人が発症 [健康ダイジェスト]




  
 子供がかかりやすく、手足や口の中に発疹ができる手足口病が流行の兆しを見せています。国立感染症研究所の18日の発表によると、全国約3000の小児科から報告があった患者数は、6月3~9日の1週間で8823人でした。1医療機関当たり2・79人となりました。
 過去10年の同時期では、最も多くなっています。今のところ、西日本で患者の増加が目立っています。夏場の本格的な流行に備え、専門家が予防を呼び掛けています。
 都道府県別では、鹿児島県(14・02人)が最も多く、福岡県(11・73人)、佐賀県(11・26人)、宮崎県(10・58人)が続きました。このほか、大分、大阪、熊本、岡山、長崎の5府県が、流行の警報を出す基準(5人)を超えています。
 手足口病は、手などに付着した夏風邪のウイルスを口から取り込んでうつります。2~3ミリの水膨れ状の発疹が現れ、数日で治ります。まれに脳炎などの重い合併症を引き起こすこともあります。特効薬はなく、症状が出ている間は安静にして回復を待ちます。
 子供の感染症に詳しい斎藤昭彦・新潟大学教授(小児科)は、「保育園や幼稚園での流行が心配される。大人も子供もこまめに手洗いをして予防を心掛けてほしい」と話しています。

 2019年6月19日(水)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■認知症対策の新大綱決定、予防に初めて重点 2025年に700万人と推計 [健康ダイジェスト]




  
 政府は18日、認知症対策を強化するための新たな大綱を関係閣僚会議で決定しました。認知症の人が暮らしやすい社会の実現を目指す従来の「共生」に加え、発症や進行を遅らせる「予防」に初めて重点を置きました。5月の素案で示した「70歳代での発症を10年間で1歳遅らせる」という初めての数値目標は参考値に格下げし、患者の精神的負担にならないよう配慮しました。
 新しい大綱は2015年に策定された「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)に代わるもので、計画期間は団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者となる2025年まで。同年には認知症の高齢者が5人に1人に当たる約700万人になると推計されており、社会保障費を抑制する狙いもあります。
 予防の新たな定義として、「認知症にならないという意味ではなく、なるのを遅らせる、進行を緩やかにする」と明記。認知症は「誰もがなり得る」とした上で、「発症を遅らせ、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会」を目指すことを掲げました。
 素案では「70歳代での発症を10年間で1歳遅らせる」ことにより「70歳代の患者を約1割減らせる」との試算を盛り込みましが、患者側や与党内から「偏見を助長し、自己責任論に結び付く」「科学的根拠が明確ではない」と批判が集まったため最終案では削られました。
 具体策としては、運動や社会参加が孤立を防ぎ、予防につながる可能性を指摘。高齢者が集まり、体操や会食、趣味を楽しむ「通いの場」への参加率を、2017年度の4・9%から8%程度に高めることを重点目標に位置付けました。
 これまでも通いの場を実施する自治体に交付金を出すなどして整備を推進してきましたが、参加率は低迷しています。新しい大綱には、市区町村に向けた活動の手引を国が作成し、普及を促す方針を盛り込みました。
 このほか、「認知症バリアフリー」の推進を掲げ、認知症の人が外出しやすいよう公共交通の事業者に配慮計画の作成を義務付ける、認知症の人本人の発信を支援する、高齢運転者向けの免許制度を創設など、関係省庁の施策もまとめました。

 2019年6月19日(水)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康