So-net無料ブログ作成

■肺がん、新たな治療法が続々生まれる 死亡リスク低減に期待 [健康ダイジェスト]




  
 日本人のがんの死者数で最も多い肺がんは、次々と新たな治療法が生まれており、生存率の改善に期待が高まっています。
 患者数が多い病院では、外科手術による切除だけでなく、体に備わる免疫の仕組みを生かす「免疫チェックポイント阻害剤」と抗がん剤の併用や、抗がん剤による全身治療後の外科手術など、複数の手法を組み合わせる治療法に力を入れています。
 2017年の肺がんによる死者数は、男女合わせて約7万4000人を数えています。たばこを吸わない人も発症しており、過去10年間で13%増加し、がん全体の2割を占めます。
 肺がんの8割を占めるのが「非小細胞がん」というタイプで、早期の場合は、手術で切除するのが標準的な治療法。進行して切除できない場合は、抗がん剤や放射線治療で対応します。
 全体の2割程度を占める「小細胞がん」というタイプは、手術が可能な早期に発見されることは少なく、抗がん剤治療が中心となり、放射線治療を併用することもあります。
 肺がんの化学療法では、がんの増殖にかかわる分子に狙いを定めて増殖を阻害する分子標的薬のほか、免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」や「キイトルーダ」などが開発され、効果を上げています。
 肺がんの診療を中心とした医療を行っていることで知られる札幌南三条病院(札幌市中央区)が取り組んでいる試みの一つは、キイトルーダと抗がん剤の併用療法です。
 厚生労働省は昨年12月、進行した非小細胞がんの最初の治療法として、キイトルーダと2種類の抗がん剤の併用療法を承認。臨床試験では、肺がんで最も多い「腺がん」と増殖が速い「大細胞がん」で、通常の抗がん剤治療より死亡リスクが51%低減しました。喫煙との関連が大きいとされる「扁平上皮がん」のリスクも36%低くする効果がありました。
 キイトルーダは外来で投与するのが一般的ですが、札幌南三条病院では抗がん剤の副作用に対応するため患者は入院して治療を受けます。点滴を3週間ごとに4回実施し、その後は抗がん剤の種類を2種類から1種類に減らし、外来治療に移ります。
 対象は最も進行した4期の患者が中心で、放射線治療ができない3期の患者を対象にすることもあります。副作用を警戒し、全身状態の悪い患者などは対象としていないといいます。
 藤田昭久副院長は、「現在までに併用による新たな副作用はなく、これまでの化学療法で見たことがないような劇的な効果が出ている」といいます。同病院では、化学療法を受ける新規患者の2割程度が対象となっていますが、藤田副院長は「徐々に対象を拡大すれば、5割程度が治療対象になるかもしれない」と話しています。
 一方、がんが進行して切除できない患者も切除する研究が進んでおり、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で取り組んでいるのが「サルベージ手術」です。
 坪井正博・呼吸器外科長は、「進行がんの患者では目に見える腫瘍だけ切除しても早期に再発するだけと考えられていた。化学療法が進歩した現在では、薬の効果がある時に手術することで、生存期間がより延びる可能性がある」といいます。
 現在は標準治療ではないため、同病院は臨床研究の準備を進めています。アメリカで進行中の研究で、同種の治療法により約4割のがん患者に再発リスクを減らす効果があったといいます。
 同病院で対象としているのは、腫瘍が手術だけで取り切れない3期の患者と、転移が3カ所以内の4期の患者。3~4週間に1回の抗がん剤治療を4~6回繰り返した後に手術をします。抗がん剤だけでなく免疫チェックポイント阻害剤を使ったり、外科手術の代わりに放射線治療をしたりするケースもあります。
 肺周囲の器官にがんが広がっている場合、同病院では他院と連携した複合的な手術にも取り組んでいます。
 昨年1月には、肺上部から背骨の円柱部分(椎体)にがんが広がった患者の手術を実施し、人工の椎体に置き換える全置換手術は国際医療福祉大三田病院(東京都港区)の整形外科が担当しました。心臓などの太い血管に浸潤した場合は、近隣の新東京病院(千葉県松戸市)などと連携しています。
 国立がん研究センター東病院の坪井・呼吸器外科長は「その道のトップクラスの医師を集めて最大限の治療をする。がんセンターは地域のがん治療の最後のとりで。リスクがある手術でも、患者に十分に説明した上で取り組んでいく」としています。
 肺がんの外科手術では、患者の負担を和らげるための手法が定着しています。その代表例が、内視鏡の一つ「胸腔(きょうくう)鏡」を使った手術。数センチの小さな穴を切開し、カメラを差し入れて、モニター画面を確認しながら手術を行います。
 坪井・呼吸器外科長は、「通常の開胸手術をする場合も、事前に胸腔鏡で患部の様子を探る。もはや胸腔鏡を用いない手術はない」と語ります。患部に手指を入れずに行う完全胸腔鏡下手術は、全体の2~3割を占めるといいます。
 開胸手術も、患者の負担を減らす工夫が進んでいます。国立がん研究センター東病院のがん情報サービスによると、胸部の皮膚を15~20センチほど切開して肋骨の間を開く方法が一般的でしたが、10センチ以下の切開で、体の負担が少ない方法が行われるようになっています。

 2019年7月28日(日)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康