So-net無料ブログ作成

■埼玉県の70歳代女性、エボラウイルス検出されず 8カ月コンゴに滞在 [健康ダイジェスト]




  
 厚生労働省は4日、アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)に滞在歴のある埼玉県の70歳代女性が帰国後に発熱し、エボラ出血熱の疑いがあるとして検査した結果、エボラウイルスは検出されなかったと発表しました。
 女性は仕事のため、エボラ出血熱の感染が拡大しているコンゴ民主共和国に少なくとも8カ月以上にわたって滞在。7月31日に成田国際空港に到着した時に異状はなかったものの、8月3日に38・2~39・2度の発熱があり、女性は4日未明から、東京都内の病院に隔離入院となっていました。
 厚労省が念のため、採取した血液を東京武蔵村山市の国立感染症研究所村山庁舎に送り、エボラ出血熱に感染していないかどうか詳しい検査を行った結果、エボラウイルスは検出されなかったということです。厚労省によると、女性は現地でエボラ出血熱患者と接触していないと説明しています。
 厚労省は女性はインフルエンザA型にかかり、発熱した可能性が高いとみています。東京都内の病院への入院を続け、健康状態を監視するといいます。
 世界保健機関(WHO)は7月17日、アフリカでのエボラ出血熱の流行を受け、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。エボラウイルスは血液や排せつ物などを通して感染し、空気感染はしません。患者は発熱や頭痛、下痢、吐血などの症状が出ます。
 厚労省は引き続き、海外渡航者にエボラ出血熱の発生地域に近付かないよう注意を呼び掛け、検疫対応を強化しています。

 2019年8月4日(日)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

■ケーブルテレビを活用してオンライン診療 今秋から実証実験を開始 [健康ダイジェスト]




  
 ケーブルテレビ最大手のジュピターテレコムは、遠隔で医師の診察を受けるオンライン診療事業に参入します。スタートアップ企業と連携して個人宅のテレビに接続するシステムの開発を進め、2021年度の商用化を目指します。スマートフォンを使う既存のシステムに比べて、高齢者にも使いやすくして普及を後押しします。
 今秋から東京都と福岡市で、高血圧や糖尿病などの慢性疾患を抱える高齢者ら約30人を対象に、実証実験します。スタッフが患者宅のケーブルテレビにカメラなど専用機器を設置。予約日に、患者がリモコンを使って問診票に答えます。診察時間前に、テレビが自動的に起動して診察を受けます。
 ケーブルテレビのインフラとテレビ画面を使った実証実験は国内初で、高齢者でも、スマホによる従来のオンライン診療より手軽に受けられます。
 実験では、スタートアップ企業2社が医療機関に提供する既存のオンライン診療システムと連携します。福岡市では、インテグリティ・ヘルスケア(東京都中央区)と組み、9月から在宅患者を対象にオンラインで診療と服薬指導をします。東京都では、MICIN(マイシン、東京都千代田区)と組み、10月から生活習慣病で通院中の60歳代以上の患者を対象とします。
 ジュピターテレコムは全国の拠点網を使い、テレビとつなぐカメラの設置に加え、診療の初期設定や利用方法をサポートし、約550万世帯が加入する既存の顧客基盤やインフラを活用してヘルスケア事業に注力します。

 2019年8月4日(日)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康