So-net無料ブログ作成

■病気 外陰がん [病気(か)]





[ダイヤ]女性性器の外陰部にできる、比較的まれながん
 外陰がんとは、女性性器の外陰部にできる皮膚がんの一種。あまり多いものではなく、頻度は女性性器がんの3~4パーセントです。
 外陰とは性器の外側の部分である大陰唇、小陰唇、陰核、外尿道口、膣前庭(ちつぜんてい)、会陰(えいん)の総称で、外陰がんのほとんどは大陰唇に発生します。
 日本での年間発生数は10万人当たり0.5人以下で、高齢者に多く、50歳代から増え始め、60歳代、70歳代が最も多くなります。近年は、平均寿命の延びとともにやや増えています。
 原因はいまだ不明な点が多いのですが、妊娠や出産経験のない人に多く、若いころに梅毒や尖圭(せんけい)コンジロームなど性病にかかった人がなりやすく、外陰白板症からがんに進むことがあります。また、肥満、高血圧、糖尿病のある人に多いようです。
 症状としては、外陰部、特に大陰唇や陰核、小陰唇などに硬いしこり、すなわち腫瘤(しゅりゅう)ができ、頑固なかゆみが出てきます。腫瘤の周囲に、白斑(はくはん)を伴うこともあります。
 次第に腫瘤が大きくなると、表面にびらんや潰瘍(かいよう)ができ、引っかいて出血することがあります。痛みや、排尿時の灼熱(しゃくねつ)感なども出てきます。 さらに、太ももの付け根の鼠径(そけい)リンパ節がはれてきます。
[ダイヤ]外陰がんの検査と診断と治療
 外陰部の腫瘤や、頑固に続くかゆみなどがある場合には、積極的に婦人科を受診します。
 医師による診断では、まず外陰部を視診します。次いで、外陰部の皮膚は乾燥していて細胞診には向かないため、初期のものでは、疑わしい部位の組織の一部を採取して調べる生検を行います。潰瘍を形成するようになったものでは、細胞診でも診断できます。
 治療は主に手術療法で、腫瘤を広範囲に切除し、周囲のリンパ節や鼠径部のリンパ節も切除します。がんが外陰部を超えたり、他の臓器に広がっている場合は、子宮、腟と一緒に直腸、膀胱(ぼうこう)も切除することもあります。これらの手術の後、太ももなどの皮膚を移植する外陰形成術も行われます。
 進行がんでは、手術療法に放射線療法と抗がん剤による化学療法を併用して、治療に当たる場合もあります。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




タグ:性病 更年期障害 子宮筋腫 子宮頸がん 子宮内膜症 卵巣腫瘍 卵巣がん 半陰陽 子宮がん 子宮後屈 若年性更年期障害 子宮内膜炎 子宮膣部びらん 子宮体がん 子宮頸管炎 月経痛 クラミジア感染症 性感染症(STD) カンジダ膣炎 病気(か) 無月経 単純性疱疹(単純性ヘルペス) 卵巣の形態異常(ターナー症候群) 卵巣嚢腫(嚢胞性腫瘍) 性器ヘルペス症 機能性子宮出血 陥没乳頭 副乳 膣がん 外陰がん 卵管がん 絨毛がん 子宮下垂、子宮脱 尖圭コンジローム 続発性無月経 原発性無月経 外陰炎 ウーマンオンコロジー 早発閉経 老人性膣炎 膣炎 副腎性器症候群 先天性副腎過形成症 性腺機能低下症 膣トリコモナス感染症 ロキタンスキー症候群 膣閉鎖症 鎖陰 性器閉鎖症 処女膜閉鎖症 処女膜強靭症 仮性半陰陽 真性半陰陽 女性仮性半陰陽 メイヤー・ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群 小陰唇肥大 細菌性膣炎 性器クラミジア感染症 ドライシンドローム 乾燥症候群 ワギニスムス ウイルス性いぼ ボーエン様丘疹症 外陰上皮内腫瘍 膣狭窄症 委縮性膣炎 性器結核 女性性器結核 非特異性膣炎 バルトリン腺炎 大前庭腺炎 スキーン腺嚢胞 小前庭腺嚢胞 膣けいれん 膣壁裂傷 膣カンジダ症 先天性膣欠損症 膣中隔 膣欠損症 膣乾燥症 ドライバジャイナ 膣委縮症 閉経後膣委縮症 早発月経 中枢性思春期早発症 遅発月経 遅発閉経 多乳房症、多乳頭症 仮性陥没乳頭 真性陥没乳頭
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 顎骨腫瘍 [病気(か)]





[ゴルフ]上あごや下あごの骨の中にできる腫瘍
 顎骨腫瘍(がくこつしゅよう)とは、上あごの上顎骨や、下あごの下顎骨の中にできる腫瘍。
 良性のものと悪性のものとがありますが、悪性腫瘍はあまり多くありません。良性腫瘍は再発が少なく転移もしないため、生命に影響を及ぼすことはほとんどありません。まれに、悪性化する場合もあります。悪性腫瘍であるがんは、生命に関わる重大な疾患であり、再発や転移の可能性があります。首のリンパ節や肺などに転移を起こすこともあります。
 顎骨に発生する良性腫瘍には、歯に関連する組織が原因となる歯原性腫瘍と、歯に関連する組織が原因とならない非歯原性腫瘍があります。歯原性腫瘍には、エナメル上皮腫、角化嚢胞(のうほう)性歯原性腫瘍、歯牙(しが)腫、セメント質腫などがあります。
 人の歯は、胎児期の口の中の歯胚(しはい)というものから作られます。この歯胚からエナメル質、象牙(ぞうげ)質ができた後は、本来、歯胚は委縮してしまうのですが、これが残って腫瘍ができるのが、歯原性腫瘍です。
 歯に関連する組織が原因とならない非歯原性腫瘍には、化骨性線維腫、血管腫、線維性骨異形成などがあり、主に周囲の軟組織に生じます。
 顎骨に発生する悪性腫瘍には、周囲の軟組織から発生した歯肉がんなどが顎骨に浸潤するものと、骨肉腫のように顎骨中心性に発生するものとがあります。
 歯肉がんは、下顎に3分の2がみられ、また臼歯(きゅうし)部に好発します。男性に多く、50歳以上の中高年齢者に多く発症します。骨肉種も、下顎骨に多くみられ、20〜30歳代に多く発症します。10歳代に発生することもあります。
 顎骨に発生する良性腫瘍は、骨の中でゆっくりと大きくなるものが多く、口の中に腫瘍が顔を出すことはあまりありません。代わりに、歯茎がはれたり、顔がはれたりします。
 痛みや出血などの症状はほとんどなく、歯科治療の際に撮影されたX線写真によって、偶然発見されるケースが多くなっています。
 歯肉がんでは、歯茎の炎症と同じような症状で始まり、歯の痛み、歯茎のはれなどを自覚します。進行すると、凸凹したこぶ状のしこりとなって、表面に潰瘍(かいよう)ができ、 悪臭や神経痛のような痛みが出たり、出血することもあります。
 さらに進行すると、歯肉のすぐ下にある下顎骨や上顎骨へとがんが広がっていき、これを破壊します。そのために、歯が緩んだり、抜け落ちたりすることがあります。
 骨肉種では、発育が非常に速く、あごの運動障害、歯の緩みや抜け落ち、あごの神経まひなどを起こします。
[ゴルフ]顎骨腫瘍の検査と診断と治療
 疑わしい病変に気付いたら、直ちに口腔(こうくう)外科などの専門医を受診し、検査や治療を受けます。日ごろから歯磨き時の異常出血などに気を付けておけば、早期発見につながります。
 医師による診断では、口腔内を視診し、腫瘍の状態を確かめます。大きさや固さ、深さなどを調べるため、直接指で腫瘍に触れ、同時に首のリンパ節の状態も触診します。初診時の腫瘍の状態を記録するために口腔内外の写真を撮影し、腫瘍に近接する歯の検査を行うこともあります。
 さらに、CT検査、MRI検査、超音波検査を行い、腫瘍の正確な位置や大きさ、首のリンパ節転移の有無などの情報を得ます。
 確定診断をするには、腫瘍の一部を採取して顕微鏡下で調べる生検という検査が必要になります。何らかの理由で生検が行いにくい場合は、細い針で腫瘍細胞を吸引して検査をする吸引細胞診という検査を行うこともあります。
 治療法は、良性腫瘍と悪性腫瘍であるがんとでは違ってきます。
 良性の顎骨腫瘍の場合は原則として、手術で病変だけを全部取り去れば治ります。しかし、腫瘍の周りの骨に入り込んでいるものがあり、きちんと取り去るためには、周囲の骨や歯をある程度含めて切り取らなければなりません。取る骨の大きさによっては、骨の移植が必要となります。
 良性の腫瘍では症状が少ない場合が多いので、突然手術を勧められて驚くかもしれませんが、放射線や抗がん剤の治療よりも手術が最良の治療法ですので、手術を受けることが賢明です。
 顎骨に発生した悪性腫瘍の場合は、他領域での悪性腫瘍と同様、手術療法、放射線療法、化学療法およびそれらの併用療法が用いられる。
 歯肉がんの場合、初期では手術療法が中心となりますが、機能温存の点から組織内照射という特殊な放射線治療を行う医療機関もあります。 また、進行したものでは、それぞれの治療法を組み合わせた集学的治療法が行われます。
 骨肉腫の場合、手術で原発腫瘍を切除するだけでは不十分で、目に見えない微少転移を防ぐことが重要です。このため、化学療法と手術療法の組み合わせが標準治療となります。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 下咽頭がん [病気(か)]





[ダイヤ]食道の入り口付近の下咽頭の組織に、がん細胞を認める疾患
 下咽頭(かいんとう)がんとは、食道の入り口付近の下咽頭の組織に、がん細胞を認める疾患。上咽頭がん、中咽頭がんとともに咽頭がんの一つです。
 咽頭は鼻の奥から食道に至るまでの食物や空気の通り道で、上咽頭、中咽頭と、この下咽頭の3部位に分けられます。食道との移行部に当たる下咽頭のすぐ前には、のど仏の軟骨に囲まれた声帯を含む喉頭(こうとう)があり、表裏一体の関係となっています。すぐ後ろには頸椎(けいつい)骨があり、喉頭と頸椎骨に挟まれた格好になっています。
 下咽頭の悪性腫瘍のほとんどは、その下咽頭の粘膜の扁平(へんぺい)上皮細胞から発生しています。 そのほかに、腺(せん)がん、腺様嚢胞(のうほう)がん、粘表皮がん、未分化がん、小細胞がんなどがありますが、非常にまれ。
 原因はわかっていません。喫煙や飲酒と関係があるといわれていて、ヘビースモーカーや大酒飲みほどかかりやすく、男性は女性の4〜5倍の頻度で発生しています。長年の慢性刺激が関係していることから、好発年齢は50歳以降であり、60~70歳ころにピークがあります。近年では平均寿命の延びに伴って、80歳以上にもしばしばみられるようになっています。
 また、下咽頭がんが発見された人の1〜3割には、食道にもがんを認めます。これは転移ではなく、全く別に2カ所以上にがんが発生する重複がんといわれるものです。食道がんの発生も下咽頭がんと同様に、喫煙や飲酒と深い関係があることが原因と考えられています。
 下咽頭がんの初期には、軽度の咽頭の痛み、嚥下(えんげ)に際しての痛みや咽頭異物感を自覚する程度です。進行すると、咽頭痛、嚥下痛が強くなり、食べ物が飲み込みにくくなります。咽頭と耳は痛みの神経がつながっているため、耳の奥への鋭い痛みとして感じることもあります。
 喉頭までがんが広がると、声がかすれるようになります。 息の通り道が狭くなり、息苦しくなることもあります。
 頸部(けいぶ)のリンパ節に転移しやすいのも、下咽頭がんの特徴です。転移によるリンパ節のはれのみが、自覚症状であることもあります。初めは痛みもなく徐々に大きくなり、急激に大きくなることもあります。複数個のリンパ節がはれたり、両頸部のリンパ節がはれたりすることも珍しくありません。
[ダイヤ]下咽頭がんの検査と診断と治療
 下咽頭がんはかなり大きくならないと症状が出ない部位に発生するため、60パーセント以上は初診時に、すでに進行がんの状態です。
 のどの違和感や異物感、持続性の咽頭痛、食べ物がつかえる感じ、声のかすれなどといった症状が現れた場合には、早めに医療機関を受診します。治療をしなければ、症状の消失をみないのが一般的です。
 医師による診断では、間接喉頭鏡や喉頭内視鏡(ファイバースコープ)を使ってのどの奥を観察したり、頸部を丹念に触り、リンパ節転移の有無やがんの周囲の組織への浸潤の程度を判断します。正常ではない組織を認めた場合には、その組織のごく一部を採取し、顕微鏡下でがんの細胞か否かを観察する生検を行います。
 がんの広がりの程度を調べるために、CT、MRI、バリウムなどの画像の検査や、食道方向へのがんの広がりや重複がんの有無を調べるために上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を行ったり、他の臓器への遠隔転移を調べるため、胸部レントゲンやCTなどの検査を行います。また、治療の方法を選択する上で心電図や呼吸機能などの全身状態の検査も行います。
 治療においては、放射線治療のみで完治する可能性は極めて低いため、手術を主体とした治療法が一般に行われています。手術を行う場合は、がんに隣接している喉頭も多くは犠牲にしなければなりませんので、手術後、声を失うことが多くなります。腫瘍(しゅよう)が小さければ、喉頭を残す手術も可能。
 切除した下咽頭部分は、皮膚や胃、腸の一部を用いて再建形成します。通常、小腸の一部の空腸を移植して、新しい食道を作ります。
 食生活は手術前と同じですが、声が失われます。喉頭がんの手術よりも、切除される範囲が広いため、食道に飲み込んだ空気を吐き出すことで、手術時に縫合した食道部を振動させる食道音声の習得は、やや難しい面があります。
 外科療法を中心に治療を受けた発症者の5年生存率は、全体で40パーセント弱です。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■病気 肝吸虫症 [病気(か)]





[クラブ]肝吸虫の寄生によって引き起こされる寄生虫病
 肝吸虫症とは、肝吸虫のメタセルカリアが寄生しているコイ、フナ、モツゴなどの淡水魚を刺身、または加熱処理が不十分な状態で食べて、引き起こされる寄生虫病。
 肝吸虫は、朝鮮半島、日本列島、台湾、中国南部など極東に広く生息し、東南アジアのベトナムにも生息しています。日本では、八郎潟、利根川流域、琵琶湖湖畔、岡山県の児島湾沿岸、四国の吉野川流域、九州の筑後川流域などに広く生息しています。
 淡水魚を刺身や加熱処理が不十分な状態で人が摂食すると、メタセルカリアは人の腸管で幼虫となり、逆行して肝臓内の胆管や胆囊(たんのう)に至り、約1カ月で成虫となります。 成虫は雌雄同体で、平たい柳の葉のような形をしており、体長10~20ミリ、体幅3~5ミリで、20年以上生存することができます。
 この成虫は寄生している胆管内などで、1日に約7000個の虫卵を産みます。虫卵は胆汁とともに十二指腸に流出、最終的に糞便(ふんべん)とともに水中に流出しても、孵化(ふか)しません。第1中間宿主(しゅくしゅ)で、湖沼や低湿地に生息する巻貝の一種、マメタニシに摂食されると、消化管内で孵化してセルカリアに成長、さらに第2中間宿主の淡水魚に入り、メタセルカリアに成長します。
 第2中間宿主となる淡水魚は、コイ科を中心にコイ、フナ、ウグイ、モツゴ、ホンモロコ、タモロコ、タナゴなど約80種を数えます。
 軽症の肝吸虫症では通常、無症状に経過します。重症の肝吸虫症になると、腹部不快感、食欲不振、発熱、悪寒、上腹部痛、圧痛を伴う肝腫大(しゅだい)、下痢、軽度の黄疸(おうだん)、および好酸球増加が起こります。
 慢性に経過すると、胆管炎が肝実質の委縮、門脈線維症、肝硬変に進行することもあり、多量の肝吸虫が胆道を閉塞(へいそく)すると、黄疸が起こります。その他の合併症として、化膿(かのう)性胆管炎、慢性膵(すい)炎、胆管がんが起こることもあります。
[クラブ]肝吸虫症の検査と診断と治療
 日本での肝吸虫症はほとんどが軽症ですが、重症の肝吸虫症に気付いた際には、内科、消化器科の専門医を受診します。
 医師による診断では、逆行性膵胆管造影、CT、エコーなどで検査すると、胆管の拡張、肥厚像や異常が認められます。糞便あるいは胆汁中から虫卵が検出されれば診断が確定しますが、肝吸虫特異抗体を検出する免疫血清学的診断も有用です。血液生化学検査では、好酸球増多、トランスアミナーゼ、ビリルビンの上昇がみられることがあります。
 治療は、吸虫駆除剤のプラジカンテル、またはアルベンダゾールの経口内服で行われます。古くは塩酸エメチン、クロロキン、ジチアザニン、ヘキサクロロフォン、ヘトール、ビレボンなど副作用の強い薬を用いざるを得ませんでしたが、1980年代以降はプラジカンテルの登場によって、1日3回の経口内服のみで根治が可能になりました。アルベンダゾールでは、1日1回、7日間の経口内服で根治します。
胆管が閉塞した場合は、手術を要することがあります。
 予防法としては、流行地の河川や湖の淡水魚は十分に加熱調理して食べることに尽き、刺身、酢漬け、ワイン漬けで食べないことです。モツゴやホンモロコ、タナゴ類のような小型のコイ科魚類を流行地で生食するのが最も危険で、コイやフナはモツゴなどに比べるとメタセルカリアの保虫率ははるかに低いものの、刺身などにして生で食べる機会が多いため、用心しなければなりません。

ウェブ版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯i-mode版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯au版の健康創造塾にアクセスできます。
携帯Yahoo!ケータイ版の健康創造塾にアクセスできます。





タグ:病気(か)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康