So-net無料ブログ作成

■用語 リトルリーグ肘 [用語(り)]





[野球]少年期の野球のピッチャーに多く、肘の酷使によって発生する疾患
 リトルリーグ肘(ひじ)とは、小児期の野球のピッチャーなどが肘を酷使すると発生し、肘の外側にある上腕骨小頭の骨軟骨が壊死(えし)する疾患。
 少年野球肘、野球肘、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎、上腕骨小頭骨軟骨障害、肘離断性骨軟骨炎、離断性骨軟骨炎とも呼ばれます。
 特に、満9歳から12歳までの少年少女たちを対象とした野球組織であるリトルリーグに所属していたりする、小学校高学年から中学校低学年の野球のピッチャー、あるいはキャッチャーなどが肘を酷使して発症することが多く、外側(がいそく)型野球肘の代表的なものに相当します。
 小学校高学年から中学校低学年では、骨と関節軟骨の結合がまだ不完全なため、繰り返すボールの投球動作における微小な外反ストレスの蓄積により、利き腕の上腕骨小頭の骨軟骨、すなわち肘関節を形成する上腕骨の遠位端の外側部にある球状の部位に変性、壊死が生じます。
 症状として、肘関節を伸ばしたり、曲げたりする時に痛みが出たり、動きが悪くなったりします。この初期の段階では、投球動作を中止することのみで、自然治癒が促されることがあります。
 実際は、練習や試合での投球動作の終了後は速やかに痛みが消失するために、単なる使いすぎによる痛みと勘違いされることが多く見受けられます。
 放置して投球動作を続けると症状が進行し、壊死を起こした骨軟骨片が肘の関節面から遊離して関節内遊離体となり、関節の中をあちらこちらと移動することになります。
 この関節遊離体に最も特有な症状が、嵌頓(かんとん)症状。肘関節の運動の最中に、突然、遊離体が関節の透き間に挟まってしまい、激しい痛みを起こして関節の運動が不能となる状態です。何かの拍子に遊離体が外れれば、急速に痛みは治まりますが、嵌頓症状を繰り返していると、滑膜炎と呼ばれる関節内の炎症や変形性関節症を起こしやすくなります。しかし、遊離体があっても、嵌頓症状が必す起こるわけでもありません。
 そのほか、関節遊離体の症状として、関節の痛みや、だるさ、はれを感じたり、肘の曲げ伸ばしができなくなったり、関節に水がたまったりすることもあります。
 リトルリーグ肘が進行してしまうと、投球動作にかかわるスポーツが十分できなくなるどころか、遊離したことで生じた上腕骨小頭の骨軟骨の欠損は成人期以降も肘の変形性関節症を発症し、痛みが出たり、動きが悪くなったりする後遺障害を残しやすくなります。
 早期発見、早期治療を行う必要がある典型的な疾患が、リトルリーグ肘です。野球少年が投球時に肘の痛みを訴える場合は、早めに整形外科を受診することが勧められます。
[野球]リトルリーグ肘の検査と診断と治療
 整形外科の医師による診断では、問診をしたり、関節の動きを調べ、上腕骨小頭部の圧痛がある場合にリトルリーグ肘を疑います。
 確定診断は、X線(レントゲン)検査により行います。病巣は、初期には骨の陰が薄くなった状態として、進行すると病巣部の骨軟骨片が上腕骨小頭から分離、遊離した状態として撮影されます。しかし、初期には病変を認識することが難しいこともあります。また、正面と側面からの肘関節2方向撮影法、肘関節を45度屈曲した位置で正面像を撮影する撮影法が有用です。
 そのほか、CT(コンピューター断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査は、骨軟骨がはがれやすい状態であるかどうか確認するなど病態を調べるのに有効です。
 整形外科の医師による治療では、初期の場合、局所安静、投球禁止により病巣の修復、治癒が期待できます。しかし、実際には6カ月から1年間、場合によっては1年以上の長期にわたり投球動作を禁止することもあり、投球の再開により再発するケースもあります。
 従って、初期の場合であっても長期の投球禁止を望まないケースや、再発例では、手術を行うこともあります。
 進行した場合では、再び投球を可能にし、将来的な障害を残さないために、手術を行うことになります。具体的な手術法としては、壊死した骨軟骨を切除し関節遊離体を取り除く方法を基本として、遊離しかけた骨軟骨片を再固定し、病巣部に新たな骨ができることを促す方法、遊離した骨軟骨片の再固定が困難な場合に、欠損した肘の関節面に体の他の部位から骨軟骨を移植し、関節面を形成する方法などがあります。
 手術後のリハビリテーション、投球再開の時期は病期、手術法により異なりますが、おおむね6カ月程度で全力投球が可能になります。
 リトルリーグ肘の発生の予防には、基本的には肘関節の使いすぎによるところが大きいため、練習日数と時間、投球数の制限が重要です。また、投球フォームにより肘に負担がかかりすぎるケースも多くあり、適切な筋力トレーニングと投球フォームの指導、正しいスケジュール決定も必要です。




nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 両側性遅発性太田母斑様色素斑 [用語(り)]





[パンチ]顔面に青みがかった茶褐色の色素斑がいくつかまとまって出現する皮膚疾患
 両側性遅発性太田母斑様色素斑(りょうそくせいちはつせいおおたぼはんようしきそはん)とは、顔面に青みがかった茶褐色の色素斑がいくつかまとまって出現する皮膚疾患。後天性真皮メラノサイトーシスとも、ADM(Acquired Dermal Melanocytosis)とも呼ばれます。
 従来は、両側性太田母斑の亜型とされていましたが、現在は、独立疾患として扱うのが標準的になってきています。
 幼少期よりできるそばかす(雀卵〔じゃくらん〕斑)と似ていることもありますが、顔に発生する後天性皮膚疾患の一つで、20〜30歳代から中年の女性に多く見られ、特に日本人や中国人に多いといわれています。
 通常は表皮にあって、メラニン(メラニン色素)という皮膚の色を濃くする色素を作り出すメラノサイト(メラニン細胞、メラニン形成細胞、色素細胞)が、表皮に出ていけずに顔の皮膚の深い位置にある真皮にとどまって増殖しているために、色素斑が出現します。
 遺伝性も高いとされるものの、加齢、日焼け、ホルモンバランスの崩れなどの影響が考えられています。
 額の両端、頬骨(ほおぼね)部、鼻翼部などに、直径1〜3ミリのおよそ茶褐色の色素斑が、いくつかまとまって出現します。顔面の両側に左右対称に多発することもよくあります。
 小さな点の集合であるために染みのようにも見えますが、実際はあざの一種として分類されます。
 真皮に存在するメラノサイトの深さの程度により、茶褐色から灰色、さらに青色へと進行変化するため、色素斑の色はさまざまです。
[パンチ]両側性遅発性太田母斑様色素斑の検査と診断と治療
 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による診断では、部位や色素斑の様子から視診で判断します。患部に、染みの一種である肝斑(かんぱん)や、老人性色素斑(日光性黒子)、そばかすなどが混在していると判別が難しいものの、多くは左右対称に出現することなどから判断します。
 色素斑をほんの少し切り取って病理組織検査を行うと、真皮層に色素含有メラノサイトが認められます。
 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による治療では、悪性化の心配はないため、見た目の問題で気になるならQスイッチレーザー治療により、色素斑を除去します。
 Qスイッチレーザー治療は、レーザー光線を皮膚に当てるもので、皮膚の表面にはダメージを与えず、その下の真皮層にあるメラノサイトを選択的に焼灼(しょうしゃく)することができます。ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、フラクショナルレーザーなどがあり、レーザーの種類により多少の効果や経過の違いがみられます。
 いずれのQスイッチレーザー治療も痛みを伴うため、麻酔シール、注射などを使用して痛みの緩和を行い、2〜3カ月の間隔で、少なくとも3~5回の照射を行います。まれに軽い色素沈着を残したり、白色に変化する色素脱出を来すこともありますが、外用剤を使用すると、1・5〜3カ月程度でレーザーの跡が薄くなります。
 色素斑の消失率はほぼ70パーセントとされ、消えた色素斑は再発しません。
 液体窒素で色素斑の凍結、融解を繰り返す凍結治療や、外科的に切除し他の部位から皮膚を移植する方法もあります。




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 離人症性障害 [用語(り)]





[人影]外の世界や自分自身に対する現実感が薄れる症状が強く出てくる神経症性障害
 離人症性障害とは、自分の外の世界や自分自身に対する現実感が薄れる離人症の症状が前面に、強く出てくる神経症性障害。離人神経症とも呼ばれます。
 離人症性障害の症状としては、離人症と現実感消失が中心となります。離人症は、自分が自分から離れて外部の観察者となったように感じることです。自分の行動を離れた所から自分が観察するという感覚がしばしば起こり、これは自分の体から自分が抜け出す体外離脱体験として感じられることもあります。
 現実感消失は、自分を取り巻く外の世界や自分自身に対する現実感が薄れ、大きく分けて3つの意識が変化することです。1つは自分の外の世界に対する意識の変化で、「自分の周囲の世界が生き生きと感じられない」、「自分と外の世界との間にベールがあるようで実感がない」などと感じます。
 2つめは、自分の内界の意識の変化で、「喜怒哀楽の感情がなくなって、何を見ても感動しない」、「自分が自分でないような感じがする」、「自分が存在する実感がない」、「自分が見知らぬ人間であるように感じる」、「自分が生きている感じがしない」などと感じます。
 3つめは、自分の身体意識の変化で、「自分の手足が自分のものではないような感じがする」、「鏡で自分の顔を見ても、自分のものという実感がない」、「自分の体が死体やロボットのように感じる」、「自分の体が大きく、あるいは小さく感じる」 などと感じます。
 離人症状しかない示さない離人症性障害の場合もありますが、軽い生理的な離人症の症状というものは、疲労の極限状態、見知らぬ土地への旅行、宗教的瞑想(めいそう)などによって、正常な状態でも出現することがあります。そして、精神発達過程の青年期では70パーセント以上の人に離人症が出現するといわれ、必ずしも病的な現象ではありません。
 一方、離人症も現実感消失も、いくつかの精神的な疾患や脳の疾患に関連して出現することもあります。例えば、パニック障害、統合失調症、境界性人格障害、強迫神経症、薬物乱用、てんかんなどに認められます。
 従って、離人症性障害は、発症者の著しい苦痛を引き起こしている場合や、日常生活や社会生活に障害を引き起こしている場合に適用されます。
 生理的な離人症の出現には、男女差はないといわれています。病的な離人症の出現は、少なくとも男性より女性に2倍以上多いといわれています。離人症性障害の発症の平均年齢は16歳で、40歳以上に出現することはほとんどありません。
 離人症性障害についてはあまり研究が行われていないため、その原因や発症率は今のところ不明です。
 事故、暴行、重大な疾患、けがなど、生命を脅かす危険な事態を経験した後にしばしば起こり、強烈な精神的葛藤(かっとう)、強度の不安、欲求不満、急激な感情変動、持続的な感情緊張などが、発症の誘因として挙げられます。
 症状の始まりは通常突然であり、睡眠からの覚醒途中で起こることもあります。症状は一過性のこともあれば、何年間にもわたって継続したり、あるいは休止期を挟んで繰り返し生じる場合もあります。症状が消える時は、数日かかって徐々に消える傾向があります。
 中には自分の障害に適応し、その影響を押しとどめることができる人もいます。一方、自分の精神状態についての不安に絶えず苦しめられ、正気を失うのではないかと心配し、自分の体についてのゆがんだ認識や、自分自身と周囲からの現実感の消失について思い悩む人もいます。
 精神的苦悩が高じたために、何もできなくなる場合もあります。症状の持続や再発に悩む発症者には、自傷行為、自殺行為がしばしば随伴します。
 一過性のものは軽微で、心配ありません。症状が気になる時は、続いている期間などにかかわりなく、精神科、神経科、心療内科を受診しましょう。他の障害が原因となっていることもあります。
[人影]離人症性障害の検査と診断と治療
 精神科、神経科、心療内科の医師による診断は、主に症状に基づいて行われます。まず各種の検査を行って、体の異常、薬物の乱用、ほかの精神的な疾患がないかどうかを確認します。心理検査や特殊な面接法を行うこともあります。
 精神科、神経科、心療内科の医師による治療は、本人の苦痛を伴っている場合や、症状が持続したり再発して日常生活や社会生活に支障を来している場合に行います。
 支持的精神療法や認知行動療法などの精神療法、催眠療法が、効果を示すこともあります。抗うつ剤や抗不安剤も、有効な場合があります。
 離人症性障害は、ほかの精神的な疾患に伴って生じたり、ほかの精神的な疾患が引き金となって起こる場合も多く、このような場合も治療が必要です。何らかのストレスが発症にかかわっている場合には、その対処も必要となります。
 治療により、通常はある程度の効果が得られます。多くの人が完全に回復し、特に発症に関連するストレスの要因が治療中に突き止められた場合には、ほぼ確実に回復します。
 治療を行ってもあまり効果がみられない人もいますが、やがて自然に快方へ向かう場合もあります。どんな治療でも効果がみられず、症状が慢性化し、その程度もあまり変化しない人も存在します。




タグ:パニック障害 双極性障害(躁うつ病) 不安障害 適応障害 自閉症 チック症 発達障害 アスペルガー症候群 過食症 心身症 人格障害 知的障害 精神疾患 強迫性障害 五月病 拒食症 解離性同一性障害 アルコール依存症 パラノイア アルツハイマー型認知症 ウイルソン 非定型うつ病 どもり ミュンヒハウゼン症候群 神経性食欲不振症 神経性過食症 ピック病 仮面うつ病 トゥレット症候群 レビー小体型認知症 空の巣症候群 薬物依存症 ヒステリー性失声症 妄想性人格障害 妄想性障害(偏執症) 脳血管性認知症 ヌーナン症候群 認知症(痴呆症) 統合失調症(精神分裂病) 精神遅滞(精神薄弱) 心的外傷後ストレス障害(PTSD) 心臓神経症 書痙 若年性認知症 パチンコ依存症 解離性障害 クロイツフェルト・ヤコブ病 境界性人格障害(境界性パーソナリティー障害) 季節性うつ病 気分変調性障害(気分変調症) ウイルソン病 ハンチントン病 心因性めまい 食道神経症(ヒステリー球) セックス依存症(性依存症) ヒステリー球(食道神経症) クルーゾン症候群 アペール症候群 吃音症 用語(り) 見当識障害 退職うつ病 ディスチミア親和型うつ病(気分変調性障害) 心因性失声症 呑気症 解離性健忘 解離性遁走 離人症性障害 多重人格障害
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

■用語 リウマチ様関節炎 [用語(り)]





[ダイヤ]手足を始めとする全身の関節に慢性的な炎症を生じる全身性疾患
 リウマチ様関節炎とは、手足を始めとする全身の関節に激しい痛みや腫(は)れを起こす疾患。慢性関節リウマチとも、単に関節リウマチとも呼ばれます。
 医学の発展した現在でも原因は不明のため、完治することは難しく、進行すると関節が変形して日常生活にも支障を来すことがあります。さらに、心臓や消化器などで血管炎を起こしたり、心筋梗塞(こうそく)や重い肺炎を引き起こすような悪性関節リウマチへ進展することもあります。
 リウマチ様関節炎は厚生労働省の「特定疾患治療研究事業対象疾患」、いわゆる原因が不明で治療法が確立されていない難病に指定されており、医療費の自己負担分について公的な補助を受けることができます。
 リウマチ様関節炎は毎年、約1万5000人が発症し、現在の日本で約70万人の患者がいるといわれています。男女比は女性が男性の4倍以上と、女性に多い疾患です。
 発病する年齢の傾向は30~50歳の働き盛りの年代であるため、症状が重い場合は日常生活に支障を来すなど、発症者にとって精神的にも、経済的にも大きな負担となっています。
 前述したように、リウマチ様関節炎の原因は現在も解明されていませんが、本来は自分の体を守るべき免疫機能に異常が起こり、誤って自分の体を攻撃してしまうことから起こると考えられています。免疫機能に異常を起こす要因としては、リウマチ様関節炎になりやすい体質(遺伝的な素因)であることや、ウイルスや細菌の感染の関与が考えられています。
 リウマチ様関節炎は、関節の滑膜という組織に炎症が起こり慢性化していく疾患で、まず初めに手足の指や手首に痛みと腫れが起こることが典型的な症状とされています。慢性化して進行すると、四肢の大きな関節が腫れてくるようになります。
 関節の痛みや腫れは、初めに1、2個所の関節が同時に腫れ、左右の同じ場所が腫れることも特徴的です。
 腫れている部分は、滑膜の炎症が起こっているために関節液の分泌が増え、水がたまったような状態になります。その部分は軟らかく、強く圧迫すると痛みがあります。タオルを絞ったりしても痛く、時には何の動作もしていないのに激しい痛みを感じることもあります。
 また、体を動かし始める際にこわばりが強く、動かしにくく感じられます。特に朝起きた際によくみられるので「朝のこわばり」と呼ばれています。曲げ伸ばしをしているとこわばりは解消されますが、炎症が重い時には、こわばりが一日中続くこともあります。
 関節の痛みや腫れは放置しておくと次第に炎症が重くなり、関節軟骨の破壊から骨の破壊まで進み、関節の脱臼(だっきゅう)などによって関節の変形が始まります。そうなると、痛みが激しく曲げ伸ばしも不自由になるため、筋肉を縮めたり伸ばしたりする働きも衰えて、よりいっそう関節が動かなくなって変形の度合いが強くなります。
 関節の変形にはリウマチ様関節炎特有のものが、いくつかあります。手指の付け根から小指側に曲がる尺側偏位(しゃくそくへんい)、白鳥の首のように曲がるスワンネック変形、親指がヒッチハイクをする時に合図する指の形に曲がるヒッチハイカー変形などです。
 足の関節でも同様の変形が起こります。歩く時に体重を支えクッションの役目をしている土踏まずのアーチがつぶれたり、歩行困難になる重大な変形もみられます。
 リウマチ様関節炎は関節で起こるだけでなく、全身的な症状が現れる場合もあります。脱力感、疲れやすさ、体重減少、貧血などが代表的です。また、リウマチ結節といって皮膚の下にすぐ骨があるような、こぶ状の塊が肘(ひじ)関節の外側や後頭部などにできることもあります。
 重症の場合には、血管の壁に炎症が起こる血管炎によって皮膚潰瘍(かいよう)、神経炎などがみられます。
[ハート]リウマチ様関節炎の検査と診断と治療
 内科、膠原(こうげん)病(リウマチ)内科、整形外科の医師によるリウマチ様関節炎(慢性関節リウマチ)の検査の主なものには、リウマトイド因子(RF)、血沈、CRP(C-反応性たんぱく)、MRI(核磁気共鳴撮像法)があります。
 リウマトイド因子(RF)は、体の防御反応として作られた免疫グロブリンに対する自己抗体で、血清中のリウマトイド因子の有無を調べます。リウマチ様関節炎の患者で陽性を示すのは約80パーセントですが、肝硬変でも約50パーセントが陽性を示すといわれており、必ずしも陽性だからといってリウマチ様関節炎とはいえないので注意が必要とされています。
 また、赤血球の沈降速度を測ることで、炎症の強さを調べます。通常は1時間に10mm以下ですが、リウマチ様関節炎の場合40~100mmの異常値を示します。さらに、血清中にたんぱく質の一種が増えているかを測定することで、炎症の度合いを調べます。陽性で増えている場合はリウマチ様関節炎が疑われます。初期の関節の異常を発見するには、MRIによる画像診断が有効です。
  リウマチ様関節炎の診断基準として、アメリカリウマチ協会(ARA)(現・アメリカリウマチ学会(ACR))の「ACR改訂診断基準」が用いられています。
 1)1時間以上続く朝のこわばり(主に手指)、2)3個所以上の関節の腫れ、3)手の関節(手関節、中手指節関節、近位指節関節)の腫れ、4)対称性の関節(左右同じ関節)の腫れ、5)手のエックス線写真の異常所見、6)皮下結節、7)血液検査でリウマチ反応が陽性
 上記の1)から7)のうち、4項目以上を満たせば、リウマチ様関節炎と診断されます。ただし、1)から4)までは、6週間以上持続することが必要。
 この診断基準や検査の結果、問診、全身症状の観察などからリウマチ様関節炎を診断します。また、進行度を表す基準については、アメリカのスタインブロッカーによる「進行度の病気分類」と「日常動作における機能分類」があります。
 原因がまだ解明されていないリウマチ様関節炎は、完治させるための治療は難しく、現在は症状を軽減したり、進行を防ぐことに重点が置かれています。特に関節の痛みや腫れを放置することは、関節の変形を引き起こすことにもなるので、早期にしっかりと治療することが大切です。
 原因が不明の疾患ですが、恐れずに前向きに付き合うことが肝心です。わずかな変化を見逃さないことが進行を防ぎ、症状の軽減にもつながります。関節の痛みや腫れがひどく、炎症の激しい時に体を動かすことは、炎症を助長させることになります。炎症が激しい時には安静が第一です。
 痛みや腫れがひどくなく、炎症も治まっている時には、運動機能訓練を行います。筋肉は使わないと筋力がどんどん低下し、日常生活を不自由なく過ごすことが難しくなることもあります。プールでの水中運動訓練を始め、無理のない運動で筋力を高めます。
 疾患への理解、安静と運動と同時に、医師の側では、関節の痛みや炎症を抑えるために非ステロイド性抗炎症薬や副腎(ふくじん)皮質ステロイド剤などを用います。その他、抗リウマチ薬で炎症を抑えます。また、抗リウマチ薬が効かない場合は、免疫抑制薬を用いる場合があります。
 滑膜の炎症が激しい場合には、滑膜切除術が行われ、関節の骨が破壊されてしまった場合には人工関節置換術などが行われます。
 関節の痛みを和らげ、筋肉の緊張をとるための温熱療法、関節の動かせる範囲をゆっくりと十分に伸ばし、筋力を強化する関節可動域体操と筋力強化や、関節の変形予防、すでに変形していても残った機能を支えるための補助具などがあります。




タグ:用語(り)
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康