So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

■頭に磁気刺激を加えるTMS治療を国内で承認 薬が効かないうつ病患者向け [健康ダイジェスト]





 頭部に磁気の刺激を加え、うつの症状を改善する新しい治療が、国内でも導入されます。東京都内の男性会社員(59歳)は、薬を飲んでも意欲の減退や体のだるさなどが続いていましたが、このTMS(Transcranial Magnetic Stimulation:経頭蓋磁気刺激法)治療を受けたところ、体調が回復しました。現在、復職に向けた訓練に取り組んでいます。
 この男性会社員は、気分が落ち込むうつ状態と、調子のよいそう状態を繰り返す双極性障害(そううつ病)を患っています。15年ほど前から症状が出始め、寝付きが悪くなっていましたが、当初は診断がつかず、しばらくして、うつ病と診断され、抗うつ薬を飲み始めたが、良くなったり悪くなったりを繰り返しました。
 6年前に転院したメディカルケア虎ノ門(東京都港区)で双極性障害と判明。しかし、状態は変わらず、休職しては復職し、また休職という生活が続きました。
 昨年8月、院長の五十嵐良雄さんからTMS治療の臨床研究に参加することを提案されました。TMS治療は、頭部に当てると磁場が発生し、それに伴って脳内に微弱な渦状の電流が走る医療機器を使い、神経細胞を刺激することで効果を発現するというもの。
 男性会社員は12月から治療を始め、1日20分間の治療を今年4月までに計30回受けました。最初は頭をたたかれるような衝撃と、こめかみや歯が震える不快感に驚きました。その後は慣れて刺激の強さも上げ、20回続けたところで体調の改善を実感しました。
 男性会社員は、「磁気を当てることで何か副作用が出るのではないかと不安もあったが、やってよかった」と振り返ります。
 気分が落ち込むうつ状態の時、患者の脳内ではセロトニンなどの神経伝達物質の働きが低下していたり、量が異常に減ったりしています。TMS治療の臨床研究をしてきた東京慈恵会医科大学の鬼頭(きとう)伸輔・准教授(精神科)は、効果の仕組みについて、渦状の電流の刺激が神経伝達物質の働きを回復させるとみています。
 TMS治療は2008年、薬の効果が得られないうつ病患者を対象にアメリカで承認され、ヨーロッパやアジアにも広がりました。双極性障害に対してはまだ研究段階なものの、薬が効かないうつ病の患者向けには、日本でも昨年9月、承認され、保険適用となる見込みです。
 これを受けて、日本精神神経学会は今年4月、TMS治療の適正使用指針を作成し、治療の目安は1日約40分を週5回のペースで計20〜30回実施するとしました。
 ただし、磁気で誤作動の恐れがある心臓のペースメーカーなど体内埋め込み型の装置を装着している患者は、対象外。アメリカでけいれん発作を起こしたケースがあることから、てんかんやけいれん発作の経験がある患者は、脳神経外科や神経内科などの専門医と相談して実施を判断するよう求めています。
 鬼頭・准教授は、「連日治療に通わなければならない大変さはあるが、比較的副作用が少なく、効果も期待できる」と話しています。
 今のところ、国内でこの治療が承認されたのはうつ病に限られていますが、五十嵐さんは「うつ病での実績が重なり、治療法として根付けば、双極性障害へも適応が拡大されるのではないか」と話しています。

 2018年7月10日(火)
nice!(4)  コメント(0) 

■通気性25倍の女性用ナプキンを開発 信州大、ナノファイバーを使用 [健康ダイジェスト]





 信州大学国際ファイバー工学研究所の金翼水准教授は9日、ナノファイバーを使った世界最高レベルの通気性を持つ女性用ナプキンを開発したと発表しました。
 ナノファイバーの量産設備を持つ韓国企業などと連携して研究してきました。通気性は最も性能が高い市販品の25倍で、人体には無害で優れた抗菌性を示します。
 直径200ナノメートル(ナノは10億分の1)の繊維でできたナノファイバーを通常の不織布に貼り付けました。厚さは4マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。既存品の衛生パッドフィルムと比べて非常に細かい穴が空いているため、通気性が高く、水分は通しません。通気性が高いと、臭いやかゆみ、炎症といった問題が起きにくくなります。
 金准教授は、「具体的な企業名は出せないが、(商品化に向けて)手を挙げている会社はある」と話しています。女性用ナプキンやおむつなどのほかに、耐水性と通気性からアウトドア用品への応用も見込めるとしています。

 2018年7月10日(火)
nice!(6)  コメント(0) 

■18歳以下の甲状腺がん、福島県の集計漏れ11人 福島県立医大が調査 [健康ダイジェスト]





 東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった約38万人を対象にした福島県の甲状腺検査を巡り、検査でがんと把握されていないがん患者が少なくとも11人いることが、8日、福島市であった県の検討委員会の甲状腺評価部会で報告されました。
 県の検査を受託する福島県立医大によると、同大付属病院で2011年10月〜2017年6月に甲状腺がんの手術を受けた人を調べたところ、県の検査で「がんまたはがんの疑い」としては集計されていない人が11人いました。検査で経過観察と判断された人が7人いたほか、検査を受けていなかった人などもいました。
 内訳は男性4人、女性7人。事故当時0〜4歳1人、5〜9歳1人、10〜14歳4人、15〜19歳5人となっています。
 県の甲状腺検査では、2011年10月〜今年3月に計162人ががんと診断されています。しかし、検査で経過観察と判断され、その後がんが判明した患者が集計から漏れているとの指摘が昨春、小児甲状腺がん患者を経済支援する市民団体からあり、検討委員会が調べるとしていました。
 検討委員会甲状腺評価部会長の鈴木元(げん)・国際医療福祉大クリニック院長は、「いろいろな方法で全数を把握していくのが重要だ」と話しました。

 2018年7月9日(月)
nice!(0)  コメント(0) 

■日本ハム、ウインナー1万3040パックを自主回収 樹脂片混入の可能性あり [健康ダイジェスト]





 日本ハムは8日、ウインナーソーセージ「小さなシャウエッセン85g(2個束)」の製造過程で黒い樹脂片が混入した可能性があるとして、6520束に当たる1万3040パックを自主回収すると発表しました。
 今のところ健康被害は確認されていないといいます。
 回収対象となるのは、子会社の東北日本ハム(山形県酒田市)の工場で6月25日に製造され、パッケージ表面の右下にある賞味期限欄に「18・7・24・NH」と記載された商品。2パックを1束にまとめて6520束が出荷され、関東を中心に販売されました。
 ウインナーの原料などを置くパレット(台)の樹脂片が混入したとみられます。7月2~5日、購入した客から「異物が混入していた」との問い合わせが3件あり、発覚しました。
 商品を着払いで東北日本ハムに郵送すれば、商品代金相当のクオカード(1束当たり500円)で返金します。問い合わせは平日午前9時~午後5時、日本ハムお客様サービス室、電話(0120)276380へ。

 2018年7月9日(月)
nice!(3)  コメント(0)